上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*2011年9月10日 レディースセミナー 伊藤真吾先生の指導対局。

指導対局日:2011/09/10
手合割:飛香落ち
下手:私
上手:伊藤真吾先生

△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △4二銀 ▲1五歩
△4三銀 ▲4八銀 △3二金 ▲1八飛 △6二銀 ▲1四歩
△同 歩 ▲同 飛 △1三歩 ▲1八飛 △5四歩 ▲4六歩
△5三銀 ▲4七銀 △6二玉 ▲6八玉 △7二玉 ▲7八玉
△6二金 ▲5八金右 △3三角 ▲1二歩* △7四歩 ▲9六歩
△9四歩 ▲6八金上 △6四銀 ▲5六銀 △7五歩 ▲同 歩
△同 銀 ▲4八飛 △6四歩 ▲4五歩 △同 歩 ▲1一歩成
△8八角成 ▲同 銀 △3三桂 ▲2一と △9五歩* ▲1八飛*
△9六歩 ▲9八歩* △4六歩 ▲1三飛成 △3八角* ▲2二と*
△5五歩* ▲3二と △5六歩 ▲3三と* △4七歩成 ▲2二龍
△5八と ▲同 金* △7七歩 ▲同 銀 △7六歩* ▲7三歩*
△同 桂* ▲8一角* △同 玉 ▲6二龍 △7二金* ▲7一金*
△投了


*▲1二歩
△3三角の時、▲1二歩を入れておかないと△2二金と寄られてしまいます。

*△9五歩
今回のポイントは9筋の端攻め。どうする。

*▲1八飛
今回の局面、下手から見て右側、1~4筋側の上手が弱い感じ。
飛車が成りこんで間に合うとみて9五歩を放置しました。
感想戦で
「上手は1~4筋では勝てないんで端攻めや7筋辺りしか攻めるしかない状況。
しかし下手の形は8八に銀がいる形で端に強い。ここで同歩と取っておいても下手としては問題はなかった。」

*▲9八歩
私はこの▲9八歩で端攻めは受けきれると思ったのでした。
感想戦で
「この▲9八歩がなくても受けきれた。この前の局面で下手はかなり優勢だったのだけど、
ここでかなり差が詰まってしまった。」

*△3八角
ここで▲4二歩と受ける手も考えたけれど・・・

*▲2二と
攻めきれそうだと判断して2二とと引く。
乱暴かな。

*△5五歩
こうなるともう逃げるわけにはいかない。

*▲3三と
角、金、桂で詰ませることができるかな?

*▲同 金
最初▲8二金としようとして、さすがに止められる。
乱暴すぎますよね。
ということでまずは▲5八同金。

*△7六歩
上手にこうされたら、何か返さないと。
「koyuさんにチャンス到来です。」
どんな手が?

*▲7三歩
先の手は読めていないけれど、私の第一感は▲7三歩。
「僕の第一感も▲7三歩です。」
よし。大丈夫そう。

*△同 桂
といっても、この先どうなるかは、まだ読みきれていない。

*▲8一角
これでどうだろう。

*△7二金
真吾先生から「いい手がありますよ」
*ディースを見に来て下さった藤倉先生も
「この一手という手がありますよ。指せたらもう一日中気分がよくなるような。」

*▲7一金
「あ、負けました。」と真吾先生投了。
△同金▲9三桂△同香▲9二金、となれば詰むのだけれど。
ここで△9二玉とされた時に詰ませる手順がわからなくてずっと悩んでいたのであった・・・
「△9二玉だとどうなるんですか?」と聞いたところ、
「では、続きをやってみましょうか」ということになる。

20110910


----------------

変化:73手
△9二玉 ▲7二龍 △9三玉 ▲9五金* △9四銀* ▲7四金*
△7七歩成 ▲同 桂 △9二銀 ▲8五桂打* △同 桂 ▲同 桂
△同 銀 ▲7五金  △投了


*▲9五金
とりあえず、逃がさない。。。

*△9四銀
う~ん、なかなか難しい。王手をかける手はダメだ。

*▲7四金
随分考えて▲7四金。
「あ、わかったようですね」と先生に言われたけれど
*実は全然分かっていない。

*▲8五桂打
詰まないけれど、これ以外の手も浮かんでこない。

*▲7五金
▲8二銀が打てれば詰む。
ここで上手投了。


*投了前、上手の駒台にあるのは角と桂馬。これでは下手玉は詰まない。
ということが分かっていれば、詰ます必要はない。

あーあ、分かってないなぁ。
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/643-67b650a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。