上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*2011年3月5日 レディースセミナー 伊藤真吾四段の指導対局

▲koyu-△真吾先生


指導対局日:2011/03/05
レディースセミナー
手合割:飛香落ち
下手:koyu
上手:shingo先生

△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △4二銀 ▲1五歩
△4三銀 ▲1八飛 △3二金 ▲1四歩 △同 歩 ▲同 飛
△1三歩 ▲1八飛 △5四歩 ▲4八銀 △6二銀 ▲4六歩
△5三銀 ▲4七銀 △6二玉 ▲6八玉 △7二金* ▲7八玉
△6四歩 ▲5八金右 △6三金 ▲9六歩 △9四歩 ▲6八金上
△7四歩 ▲5六銀 △7三桂*  ▲4八飛 △3五歩 ▲1二歩
△3三角 ▲4五歩 △同 歩*  ▲1一歩成 △8八角成 ▲同 銀
△3三桂* ▲2一と*  △6五歩 ▲1八飛 △5五歩*  ▲4七銀*
△5二銀 ▲1三飛成 △4三金 ▲3一と △4六歩*  ▲同 銀*
△3八角 ▲1二龍 △6六歩* ▲4一と △6七歩成 ▲同金直
△2九角成* ▲5五銀 △6六歩* ▲5一角* △6一玉 ▲6四歩
△6七歩成 ▲同 金 △6二金* ▲4四歩* △5四金 ▲同 銀
△同 銀* ▲4二と △5三銀* ▲6二角成 △同 玉 ▲5二と
△7一玉 ▲6一と △同 玉 ▲7二金 △5一玉 ▲5二金*
まで84手で下手の勝ち



*△7二金:一瞬、あれ?っと、思ったけれど…。

*△7三桂:結局「甲斐型」に納まる。
甲斐型:ビギナーズセミナーの甲斐先生が組む形。私が勝手に命名。

*△同 歩:珍しくノーマルな△4五同歩。どうするんだったかな?

*△3三桂:悩む。いずれ△5五歩と突かれるのだから▲6六歩~▲6七銀がいいんだろうけれど。
二段目に金が一枚しかいない上手だから飛車を成り込めば早いはず…。

*▲2一と:ということで飛車の成りこみの前にと金を寄っておく。

*△5五歩:いつもはこの手に対しては▲同銀だけど。

*▲4七銀:今日はこちらに引いてみる。

*△4六歩:この後に△3八角があるだけに取りにくいけれど

*▲同 銀:▲4六同銀しか浮かばなかった。

*△6六歩:歩をいつか6四に打ちたいので同歩とは取らない。

*△2九角成:上手に桂馬をもたれてしまった。桂馬を打たれそうなところを気をつけないと。

*△6六歩:▲同銀、▲同金で悩んだけれど。ちょっと消極的な気がした。
感想戦で、「ここで▲6八金引~▲7七銀としておくのが良かった。この時点で上手は桂馬しか持っていない。
6七にカナ駒を放り込むような筋は上手にはないのだから。」

*▲5一角:当初から狙っていた▲5一角をここで。
感想戦で「相当リスキーな手。▲6八金引~▲7七銀を入れてからこの角を打つべき」
私としては▲7七銀を入れなくても攻めきれると判断していたのだけれど
「それは、手合い違いの人の考え方。この後の手が見えていないなら▲7七銀を入れないと。」と一蹴。

*△6二金:「ここでいい手があります。」と言った後「これは、ヒントではないですからね。」と念押しされる。
いや、そんなに念押しされなくても…。
私は角を切る手、龍を切る手から考えていたけれど「それは違う。歩を使って。」と結局ヒントを出されてしまった。
全然見えてないんだから仕方ない。
で、最終的には白瀧さんと新人さんに「急所の一手ですね」「やっぱり▲4四歩かな」と教わることになる。

*▲4四歩:そうか…強い人はこの歩が一目で見えるんだな…私には見えないや。

*△同 銀:「と金を使って」

*△5三銀:ここまで教わっちゃったら、最短で詰まさないと恥ずかしいと思う。

*▲5二金:上手投了。「最後、早かったですね。」そりゃ、先生にここまでお膳立てされれば早く詰まさないと…。

*やはり▲7七銀が入っていないということで、一手違いぐらいの、危険度、だったみたいです。
逆を言えば、▲7七銀を入れておけば、慌てて詰ませようとしなくても優勢だった、ということなのかな。

*角を打ったところから「絶対詰み形に持っていける。絶対ある。」と思っていたのだけれど、その形を自分で見つけ出せなかった。見つけられなければ、自玉の整備、ってことなんだろうなぁ…。

*先生から「距離感」と言う言葉がでたけれど、その距離感の認識が甘いんだろうな、とも思った。

Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/605-8fd88bfd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。