上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*レディースセミナー午後の部に出席。
担当は斉木先生、生徒さんは8名でした。
レディースも遊遊も大賑わいでした。

*講義は恒例の斉木プリント。両取りがテーマでした。
斉木プリントは「解答編つき」にバージョンアップしております。
「休んでも大丈夫なように。」って、そこまで気を遣っていただくとは…恐縮です。

*私のお隣の席には珍しく午後の部に出席されたHさま。
同じ飛車香落ちを指されているので横で見させていただきましたが
同じ定跡で指しているはずなのに、随分手順が違うものだなぁ…と思いました。
角打ちたがり、というより、発想がすべて攻めの手ってすごいなぁと感心するばかりでした。
来月は1回は午前の部に行く予定なのでランチをご一緒してください。

*で、家に帰って自分の棋譜を並べ直そうとしたら、並ばない。
上手が一手多いんですね。
いつも、先生が他の生徒さんのところを回っているときに指し手を進めないで、
先生が目の前に来てから指そうと思っているのだけど…忘れちゃったかな。
一手違うと形が全然違ってしまうから…あぅ~って感じ

*ということで、局面を覚えているところからの棋譜です。
手数が合っていないので参考棋譜ということで。

▲koyu-△斉木先生



*2011年1月29日 斉木先生の指導対局

指導対局日:2011/01/29
レディースセミナー
手合割:飛香落ち
上手:saiki先生 上手の持駒:なし
下手:koyu   下手の持駒:なし
下手番

上手の持駒:なし

9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ 歩|二
| ・ ・ ・v歩v金v銀v角v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v銀v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・|七
| ・ 角 玉 金 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+

下手の持駒:なし
下手番

▲4五歩 △7三桂 ▲4四歩 △同 銀 ▲1一歩成 △同 角
▲4五銀 △5五歩 ▲4四銀 △同 金*  ▲1二銀*  △3三角
▲2一銀不成△4二金 ▲2五桂 △4七歩*  ▲1八飛 △2四角
▲1二銀成 △3六歩 ▲同 歩 △4五金  ▲1三成銀 △6五桂
▲2三成銀 △4六角 ▲1二飛成 △3二歩  ▲同成銀*  △5二金
▲4二成銀* △6二金 ▲5二成銀 △7三銀打 ▲6二成銀 △同 銀*
▲4二龍*  △3六金*  ▲8二金*  △同 玉 ▲6二龍 △7二金*
▲3二龍*  △4八歩成 ▲3六龍 △5八と ▲同 金 △1九角成
▲6六角*  △2九馬 ▲3一龍 △5六歩 ▲8一金 △8三玉
▲9一金*  △5七歩成* ▲8一龍 △8二香*  ▲6一銀*  △6二金打*
▲7二銀成 △同 金*  ▲8六香*  △7三金*  ▲9三金 △同 玉
▲9二龍
まで 下手の勝ち

*△同 金:▲4五銀か▲1二銀かで悩む。
*▲1二銀:▲1二銀にしてみた。この駒が遊んでしまわないようにしたい。
*△4七歩:この歩は…以前同じように打たれたことがある。▲同歩が正解のはずだけど…
      なんだか微妙に形が違うかもしれない…ということで▲1八飛車とすることに。
      しかし、これが間違いだった。
      感想戦で。「▲同飛 △4六歩 ▲同飛 △4五銀となるがそこで飛車を回ればよかった。」
      あ~これ、甲斐先生のときにやったなぁ…覚えてないのかよ、とがっくりしてしまった。
*▲同成銀:なんとなく、この手はダサい感じがする。もっといい手がありそうなのに…。
*▲4二成銀:ひとつずつ寄っていくのは基本だし、悪くはないはずなんだけれど
      なんか、もっともっといい手があったんじゃないかなぁ…と、
      モヤモヤっとした気持ちで指している。
*△同 銀:先生に「ここでいい手がありますよ」と言われる。結局、先生が言う「いい手」は
      見つけることができなかった。
      感想戦で。
      「ここでは▲4七金という手があったのでは。▲4七金 △2八角成 ▲3七桂でいい形。」
*▲4二龍:4五の金を狙ってみた。
*△3六金:ここで長考。私が考えていたのは、▲8三金。▲8三金 △同玉 ▲6ニ龍でどうだろうかと。
      あとは▲9七角も考えていた。
      見るに見かねて、先生の助言が。「3一龍とか6六歩とかはどうですか」
      あ~。。。答え、言われちゃった。。。
      先生が教えてくれた手を指せば、きっと薔薇色の未来が待っているんだろうなぁ・・・と思いつつ。
      答えを先に出されちゃうとその手は絶対指したくないと思ってしまうのが私なのだ。。。
      感想戦で
      ①▲3一龍:3六の金を狙いつつ、何か受けてきたら9一龍と香車を取りつつ
            上手玉に迫ることが出来る。
      ②▲6六歩:6五の桂馬を取れれば6四の銀にも当たるし、取った桂を▲5四桂と打つ狙いもある。
            そうはされたくないので上手は△5七桂成などとしてくるが
            ▲同金上 △同角成 ▲同金となった局面、上手は金銀を持っているが
            下手玉に迫るのはかなり難しい状況。
      やはり、先生の教えてくださる手は、スマートでかっこいい。
*▲8二金:先生すみません、と指す▲8二金。しかし、当初考えていた▲8三金より、さらに、
      ダメダメな気がする。
*△7二金:ほら、手がないじゃん。
*▲3二龍:結局、3六の金を狙うしかない。だったら、さっき先生が言ったとおり、
      最初から▲3一龍にしておけばよかったのに。かっこ悪い私。
*▲6六角:6六にスペースがあるのが嫌だったので(将来上手に何か打ち込まれそうな気がしていたので)
      角を出てみる。指してみると8四の地点も狙えそうでいいんじゃない?と勝手に自画自賛。
*▲9一金:香車があれば8筋狙える、と思って▲9一金。
*△5七歩成:まだ大丈夫…のはず。
*△8二香:7三から上手玉が逃げたりするのかな?と不安になってきた。
*▲6一銀:よくわからないけど指してみた。
*△6二金打:金が並ぶかぁ…
*△同 金:持駒が金に変わったけれど…何か変わったのかな…
*▲8六香:「▲8六香 △7三玉 ▲8四角でうまくいきそう??」と勝手読みをしてみました。
*△7三金:先生「ここから三手詰めです」


*終盤モタモタしていたし、次の手が全然見えてなくて、「狙いはないけれどとりあえず指す」みたいな
 指し手ばかり指してしまった。
 なんとなく、先生、終盤、ものすごーくものすごーく緩めて、
 私が上手玉を詰ますのを待っていてくれた気がする。
 なんか、弱くって、はずかしいな。
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/587-ec5cddef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。