上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.11 2勝3敗
女流アマ名人戦のBクラスに出場。2勝3敗でした。
昨年が1勝4敗、その前が全敗。
1回ごとに+1勝。
単純計算でBクラス優勝まではあと3年か~
そんなうまくは行かないだろうけれど、いつかは入賞して上のクラスにいかないと。
Bクラスの番人みたいになるのは御免です。

Cクラスからちょっとクラスを上げてみた、という人には勝てるけれど
上位入賞を狙おうという人たちには勝てなかった、というのが現実。
でも、負けた将棋も全然歯が立たない、というんでもなかった。
相手玉にも私の攻めのパンチはそれなりに入っていたと思うから、
普通に将棋になっていたと思う。
たった5局で判断は難しいけれど、大体の、自分の現在地がわかったような気がする。

相手の攻めが早いので囲い切れないことが多くて、
終盤その玉型が響いてしまうことが多かった。
相手の一次攻撃、というか、最初の「攻めの方針」に過剰に反応して
先に攻めようとしてしまったり、
攻められそうな拠点を厚くしようとして動いたりで
囲いがおろそかになってしまうのであった。
その辺りは、知識がない、という一点だと思う。
銀がひとつあがっておくとか、ひとつ歩をついておくとか
そうすることで、すぐには相手が攻め始められないようにする、
そういうポイント知識が足りないのだなぁ、と思った。
精神的な落ち着く、っていうのではなくて
ちゃんとした理屈とか知識があって、
知識がなくても過去の経験を応用して、
大丈夫、という安心感をもって序盤を乗り切れたらなぁと思う。



レディースの方々の戦績はすべては把握できなかったけれど
みんなすごく真剣に指していました。
特に同じBクラスに出ていたMさんの千日手持ち込み→指しなおし勝利には
ちょっと感動してしまいました。



終了後は、残っていたレディースの方々と打ち上げ。
いやぁ~今日は疲れたねぇ~なんていいながら
まずは、一杯それから食事


で、お腹が一杯になると、結局将棋を指し始めるのであった。

K女史さまとMさんの対局は、
予想を裏切らない攻め攻め攻めですごく面白くて、
「なんでそこで守らないの~」とキャイキャイはしゃいで
なんだかワインも進んじゃいました



で、帰りの電車で乗り過ごし、
危うく高尾山に登ってしまうところでした。

ちょっとアルコール入って頬を赤らめて
将棋って難しいけどステキね、なんてささやいちゃう
エレガントな飲みを展開したいのだが
結局ただの酔っ払いになってしまうのであった。

飲みすぎ注意。
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/523-d7b1ef7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。