上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、第5回将棋日和に行ってきました。

第5回まで回を重ねた「将棋日和」。
でも、なぜか、私はこのイベントには縁がなくて
(旅行と重なったり、仕事と重なったりで)
初めての参加。
いつも参加した方々に「よかったよ~」「楽しかったよ~」と聞いて
いいな~いいな~と言っていたイベントでした。

開会の挨拶の後
早速1回目の指導対局。
嘘みたいな話だけれど、御贔屓棋士先生が担当でした。
特別対局室を使っての指導対局、でした。

ここ2週間くらい
レディースの皆さんには
「わたしが御贔屓さんの指導対局に当たったら絶対koyuさんに譲るから」と
会う方会う方に言っていただいていて、ものすごくありがたいなぁ~と思っていて
そうはいっても、
皆さんにもこの先生の指導を受けたい、という希望はあるだろうし
なんだか申し訳なく、
そもそも参加できるだけでありがたい状況のようだったし
(応募人数超過を結構無理して全員受け入れたようだったし)
そんなにうまくいくことはないだろうと、
2%くらいの期待はあったけれど
98%くらいはあきらめていたので、逆にびっくり、というか
いきなり不意打ちをくらって心の準備ができていない状態で
いざ盤を挟んで先生と対面して指導を受け始めても
何を話せばいいのか、わからず、シドロモドロ。
(チャンスに弱いやつの典型だなぁ。)
でも、周囲の方々がどんどん話かけていて、
その受け答えがまた面白くて楽しかったです。


将棋の方は、
昨日の午前のレディースで、肇先生クラスでも同様だったのですが
一言でいうと「8七角」の厄日でした。
肇先生クラスではギリギリ勝って
御贔屓棋士先生の対局では見事にトン死でした。
やはり、最低限受けなければならないところは受けないと。
感想戦で、違う変化もやっていただきました。
う~ん、危ないのか危なくないのか、
距離感がわかってないのかな、って思いました。
飛車香落ち、角って怖いですね。(角は大好きな駒だけど)

感想戦が終わって駒を片付けていると
イベント会場の方で先生を呼ぶ声が。
「すみません、先に行きますね」と先生が出て行かれた後、
特別対局室に私一人になって、
さて、私も会場に行かなきゃ、と立ち上がって、
次の瞬間、バタンと倒れてしまいました。
足がしびれていたのに気づいてなかったのです。

で、しばらく動けなかったので特別対局室で一人でぽよよ~んとしてました。
あとからよくよく考えると、
贅沢な時間だな~
大の字になって寝てみるとかやってみてもよかったかなぁ~と思うのだけど
その時は、
特別対局室で無様に転ぶ姿を先生にみられなくてよかったなぁ、などと
思っていました。

Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/494-06f60dc4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。