上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は大和証券杯ネット将棋・最強戦の大盤解説会に行ってきました

この大和証券杯の決勝戦の大盤解説会は
いつもいつも応募をしていたのだけど、いつもいつもハズレで
(それくらい、人気がある棋戦ということなんだろう)
今回も、大和証券からメールが届いた時
「あ、また『ハズレ』通知だ」としばらくメールを開くこともしなかったのだけど
他のメールを見るためにメールボックスを開いて、
実は当たっていたことに気がついて本当にびっくりしました。

ということで、初めての大和証券本社ビル、
なんか、勝手が分からなくてキョロキョロウロウロ挙動不審というか
おのぼりさん丸出し、で行ってきました。
で、さらに、びっくり。
会場の大和証券本社ビルは綺麗だし
係員のお兄さんたちの応対も丁寧だし受付のお姉さんも綺麗だし、
ホールの大盤や映像も見やすくて
イベントの進行もスムーズで
単にネット環境がどうの、というのでなく、
イベントとしてすべてが整っている、という感じ、
ひたすら感心してしまいました。

その中で、木村八段・矢内女流四段の解説・聞き手で
久保二冠・森内九段の対局を見るなんて、贅沢だなぁ~と思いました。
その対局は、相振り飛車・向かい飛車対三間飛車という、
私が何度も指したことがある戦形になって一手一手をドキドキしながら観戦しました。

木村八段・矢内女流四段の解説は面白いエピソードを含めながら、
でも、指し手の解説をしっかりしてくださり、例えも分かりやすい、
いつものことながらすばらしかったです。
対局は、バラバラのように見えた久保陣がいつのまにかまとまって
固かった森内陣が身動き取れない感じになって、
どのあたりが勝負どころだったかは私のレベルでは到底わかるものではないのだけど
少し、森内九段が力を発揮できなかったのかな、という印象の対局でした。



さて、対局が終局したあと、
次回の大和証券杯・女流最強戦の抽選会がおこなわれました。

(抽選をされた方(来場者)は、自分が引き当てた
女流棋士のサイン色紙をもらっていました。)

1回戦、私の注目は鈴木環那女流初段甲斐智美女王・女流王将戦です。
前回第3回女流最強戦の時、このお二人は2回戦で対戦しているんですが
失礼ながら、段位や実績からいって
甲斐女流のほうがかなり強いのかな、という
先入観をもってこの対局をみていたのですが、
鈴木環那女流がまったく甲斐女流を寄せ付けない指し回しで
「こりゃ、すごい」と、ものすごく印象に残った対局でした。
その再戦、というのがとても楽しみです。

そして、タイトルを持っていないのが非常に不自然な、矢内女流四段も
はっきりとがんばります、と言っていたし。
これは、楽しみです。

あと、里見女流名人・倉敷藤花の1回戦の相手は
「10月10日に決まる女流アマ名人」。

女流アマ名人戦は10月10日に開催されるんですね。
大和証券杯とは全然関係ないけれど
女流アマ名人戦の予定もちゃんと手帳に書いておかなきゃ!と思いました。

なんかCクラスがふたつに分離している・・・
小学生がいないC1クラスって、いいなぁ
(早指し小学生にのまれてしまう私なので。あ、でも9級まで、なのね。)

Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/490-d74af9c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。