上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はレディースセミナー午後の部に出席しました。
講師は齋木先生。

恒例の齋木プリントは、齋木先生が昨日指した将棋から
「中盤講座 キングショッカーより」

キングといえば、いわずと知れた佐藤和俊五段ですけど
ショッカー??

←ショッカーさんって、この人?なんか「ひゅ~」とか言う人だよね。
(一番可愛く写っているのを選んでみたけれど)なんでショッカーなんだろ?

講義の内容は、
キング・ゴキゲン中飛車にショッカー・居飛車がどんな風に指したか、でした。

ゴキゲン中飛車って自分で指せたら気持ちいいだろうなぁ~と思う戦法であると同時に
相手に指されるとすごく嫌で、なんとか退治したい戦法でもあります。
銀を3七・4六にあがっていくのとか
のぞきの角とか、かなりいい感じで、実戦でやってみたいと思いました。
(でも、この対局はショッカーさんが「悪く」しちゃったみたいでした。)

そう、指してみたいのは居飛車。
でも自分で指すと全然うまく行かないのが居飛車。
前日も大阪で指した時、振り飛車の方が手が見えるし、
のびのび指せているっていう評だった。
ここに、微妙な私の悩みがあります。
でも、それは置いといて、居飛車を指そうが振り飛車を指そうが
ゴキゲン中飛車で相手に攻められっぱなし、っていうのは
どうにかしたいものだと思います。
その辺を、いつか教わりたいものです。

指導対局は、飛車香落ちで、やはり大阪で木村八段の指導対局を受けた際に
疑問に残った8四歩型の対処をやってもらいました。
でも、レディースでいただいた定跡プリントは、
8三角と打たせないようにする順だったけれど
実際は8三角と打たれた時にどうするか、っていうのをやりたかったので
ちょっと思惑とは違う方向に指導はすすんでいきました。
しかも、受けなければいけないところで受けなかったので
あっという間に
「勝つ方法はないことはないけれど、普通に指すとスピード勝負で負けちゃう」
という状況になってしまって
天野先生や高野先生のヒントを総動員でなんとか終盤まで指すことができたという
一局でした。
手が全然みえなくて恥ずかしい
もうちょっと終盤を強くなりたいと思いました。


今日は、藤倉先生も教室に立ち寄ってくださいました。
そして、高野先生と一緒に「こども将棋教室」のことを話していました。
藤倉先生の主催する「志木こども将棋教室」は、来週8月22日にプレオープン。
いよいよ、ですね。

棋士の方々の普及活動が活発になっていると思います。
もちろん、以前から普及活動はされていたと思いますが
私が将棋を始めた頃に比べて、段違いにその数が増えているような気がします。
なんというか、棋士ひとりひとりが
お教室を開くことであったり、書籍を執筆することだったり
イベントをやることだったり、情報発信することだったり
何かをやろう、という気持ちが伝わってきます。

もちろんファンとしては対局を一番がんばっていただきたいのですが
すべての「棋士としての活動」を応援したい気持ちです。
がんばってください。
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/483-3fde685c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。