上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜は、まるりんさまのお誘いで
1dayトーナメント「NIS×TefuCUP」に行ってきました。

会場はアーキテクトカフェ汐留。
昨年、The Cafe Style Internationalをやった会場です。
今回は1dayトーナメントを中心としたイベント。
LPSAの棋士の方々の対局、初心者教室、指導対局、食事、トークショー、大盤解説
といった内容で、一日楽しんできました。

私は、今回は指導対局を受けたい、というのが参加した理由だったのですが
トーナメント準決勝の石橋先生-中倉先生の対局を至近距離でガン見。
結局、指導対局は、受けませんでした。
何しに行ったんだ?って気もするけれど、対局観戦が面白かったんです。

対局者からすると対局中にギャラリーからじろじろ見られながら指すのは
やりにくいのかもしれないけれど
盤面が見える距離での観戦はワクワクする。
時間の使い方が分かるし、パパパっと進めば、
あ~これは「3手一組」みたいな手なんだな、
ここまでは読み筋なんだな、とかわかるし、
秒読みになってからの指し手だって
「時間ぎりぎりまで考えて指す」といっても
慌てて指した手と落ち着いてぎりぎりまで先を読んで指した手は違う。
最近は、棋譜中継のコメントでかなりそのあたりを表現してくださるけれど
やっぱり生でその呼吸を感じるのとは臨場感が違って。
対局者でもないのに、その秒読みにあわせて私も次の一手を
必死に考えていたりして。
中倉さんが勝つかな、と思ったので負けてしまって残念。
そして石橋さんはやはり勝負強いなぁ~と思った一戦でした。

料理も美味しかったし、お茶もいっぱい飲んだし
さかもと未明さんのトークも面白く
佐藤天彦先生・中井先生の大盤解説もわかりやすく。
とてもいいイベントだったのです。

でも、なんで、女の人の参加者が少ないんだろう。
1dayはやっぱり女流棋士さんが主役だから、かな?
熱心な男性の将棋ファンの方が圧倒的に多かった。

まったくの「初めて」の方には敷居が高いのかな?
でも、最近は将棋大会なんかに行くと
男性に混じって仲良くワイワイ将棋のことを話している女性もいるんだがな。
あの子たちはどこに行っちゃうのかな?





Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/447-c5c3529e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。