上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はレディースセミナー午前の部に出席。
担当はkuma先生
久しぶりです。

講義、というか、ウォーミングアップの頭の体操は次の問題。

自分の駒だけを動かして、初形から飛車と角を逆にした形にするのに
最短何手?という問題。

角の動き、金銀を効率よく動かして初形にもどす、飛車の置き場がポイントです。




指導対局は二枚落ち。
いきなりkuma先生が「koyuさんは二枚落ち卒業検定ですから」とか言う。
はぁ~?と思う。
思わず「いえ、一生二枚落ちで結構です。」と言ってしまう。

一生二枚落ちでいるつもりはないし、目標は二枚落ち卒業だけど。
今の自分の状態で二枚落ちが卒業できるとはこれっぽっちも思っていない。
大体、今、二歩突っ切りを指しているけれど、銀多伝も中途半端なのだ。
真吾先生、肇先生に勝ったことないし。
斎木先生には答えを教えてもらってばかりだし。
天野先生には5五歩止めでボッコボコにされているし。
伊藤三段さんには手も足もだせず封じ込められて
小泉先生には指導してもらったことない。

なにより、レディース以外のところで指導対局を受けると
まったく勝負にならないのだ。
「レディースセミナーで教えていただいてます。」ということが
恥ずかしくて言えないくらいに。

しかも8級だし。普通2枚落ちって初段くらいあるだろうって。
なんか、とにかく恥ずかしいからやめて欲しい、そういう気分で。

でも、幸か不幸か、心配ご無用というか。
超基本的な定跡形だったのに、全然お話にならない将棋だったので
kuma先生に(ちょっと困った顔で)
「これは(これくらいは?)覚えてくださいね。」と言われるにとどまり
無事?二枚落ち卒業はできなかったのでした。

ほっとしている自分が可笑しい。

なんていうか、強くなっている実感が全くない。
六枚落ちから四枚落ちになる時とか、平手を指し始めた頃とか、
それまで自分ができなかったこととかできたりだとか、
ちょっとした手が見えるようになったりとか
それなりに、「少しは強くなってるのかも」と思うことがあったのだけど
最近は全くそれがない。
二枚落ち二歩突っ切りは、いくつかの「こうすればうまく駒が働く」っていう形を
意識できるようにはなっているけれど、知識が少し増えただけのことで。

やっぱり、実感がないところに実力はついていない、と思う。


レディースセミナーの先生方は教え方が上手いし
レディースの生徒のみなさんは、みんな一生懸命で努力家でしかもセンスいいから
どんどん上達する。
だから、今日の、は
(あんまり考えたくないけれど)もしかしたら先生方が歩みの遅い私に
気を使っているのかなぁ、なんて深読みをしてしまった。

ちょっと、それは、さびしい気もする。

で、今日の、で私は心に決めたのだった。
強くなった、と実感がもてるようになったら
自分から卒業検定してください、って言おうと。

とりあえず、12月くらいを目標にしておこう(志、低すぎ)

Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/387-d08146df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。