上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.06 Z Z Z
午前中に韓国語教室に行ったのだけど
マンツーマンの完全プライベートレッスンなのに
会話のロールプレイをしながら
意識が遠のいていく・・・

「koyu-si、クェンチャナヨ?」で我に返る。
普通、会話の練習中に寝ないよな・・・。

体力の限界を感じます。

レディースセミナー午後の部に出席。
今日は、講師代行で伊藤三段さんが担当。
生徒は、なんと2名。
最近レディースセミナーはかなり盛況で、生徒が10名を超えることもよくあって
なかなか指導対局の順番がまわってこなかったりすることもあったのだけど
(午前・午後、どちらでも都合のいい時間を選んでいい、という便利な設定ゆえに
たまに生徒が偏ってしまうことがあるんだよね)
今日はその逆の方に当たったみたい。
生徒が少ないのはちょっと寂しかったりするのだけど
もう、ほぼプライベートレッスン、って感じで
2枚落ちを3局も指していただいちゃいました。

しかし、ここでも体力の限界を感じてしまった。

1局目は、ホント集中して、これは天野先生の指導で出てきた形だ、
以前、肇先生がこう言っていた、ここで間違えないようにしっかり読もう、と
かなり丁寧に指すことができたのだけど。

2局目、3局目と進むうちに、どんどん思考が雑になっていくし
困ったから直接手、みたいな手ばかりになってしまいました。
あぁ、脳が疲れている。
自分でも、こんなんじゃダメだから気持ちでなんとかしよう、と思うのだけど
どうにもコントロールできなくて考えているうちにぼ~っとしてしまうのであった。
3局も指していただけるチャンスなんて滅多にないのに
なんか、もったいないことをした気分です。

伊藤三段さんには、「自玉が安全か否か」というところの理解が弱いのを
すっかり見抜かれてしまいました。
絶対詰まない形(そういうのを「Z」というんだそうだ)がわかるようになれば
もっとすっきり勝てるのでは、とのこと。
受けなくてもいい場面で受けてるんだそうだ。
昔『Zの法則』とかいう名著があったらしく
伊藤三段さんが
「絶版なんですけれど、あぁいう本を勉強すると強くなると思うんです」と
言いました。
う~ん、興味深い。図書館とかにあるんだろうか。探してみようかな。




かなり疲れていたみたいで、体も重いので
今日はまっすぐ帰宅。

しかし、集中力がなくなるような体力は問題だ~。
なんか体力増進のためにやったほうがいいのかな(でも、それはそれで疲れそうだ)




王将戦第5局の大盤解説会が東京・将棋会館であるそうです。

<以下、将棋会館道場ホームページの転載>


第59期王将戦第5局 大盤解説会

久保棋王の3勝1敗で迎えた王将戦第5局。
久保棋王奪取で、初の2冠となるか、羽生王将が意地をみせるか?
注目の一番、次の一手の出題もありますので、終局までお楽しみ下さい。

日 時
2010年3月11日(木)16時30分開場→17時開始
※ 早く終局した場合も19時半頃までは解説会を行います
会 場
将棋会館2階研修室
料 金
一般 2000円、支部会員・女性・学生・60歳以上・障害者1500円
全席自由・70席
※ 道場入場者は当日の手合カード提示で500円割引
※ 次の一手終了後の入場は500円割引
(割引サービスの併用は出来ません)
解説者
藤井 猛九段、井道千尋女流初段


王将戦。羽生先生がこのまま終わるとは思えませんが。
藤井九段の解説は、
何の前振りもなくボソボソ~っと面白いことをおっしゃるので
ついつい聞き漏らさじ!って感じで耳に意識が集中する感じになるんですけれど。
(私だけか?)
行きたい・・・。(限りなく無理そうだけど、望みは捨てずに)


Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/371-43165548
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。