上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、LPSA将棋ツアー2009 in 東京の
女子アマ王位戦・Bクラスに出場してきました。

会場は南青山の「ふくい南青山291」

福井県の物産を取り扱っているアンテナショップ、というんでしょうか?
その2階の多目的ホールが今回の会場で、
日差しが差し込むとても明るい空間で将棋を指してきました。

Bクラスは、時計なしの4対局制。
相手の棋力は特に申告もないのでわかりませんが、ほぼ級位者の模様。
私にとっては、本当に久しぶりの大会「復帰」で
なんだかドキドキしながら開始の時間を迎えました。

結果は2勝2敗。2回も勝てて上出来だと思ってます。
負けた将棋はあっという間でしたが
勝った将棋は、とにかく苦しくて苦しくて
入玉されそうになるし、詰み逃しそうになるし、
たまたま勝った、というだけなのだけれど、
それでも、自分が今何ができるのか、どう指せばいいか、
必死に考えるのが楽しかったです。

1局目と4局目
中飛車を採用して負け。
1局目は相手の指し手が早いのと、棒銀対策をすっかり忘れてしまっていたのが
敗因かな。
4局目はLondonさまと。
囲いを完成した後、飛車を八筋に振ったのがどうだったか。
中央から攻めたほうがよかったかな。
中飛車は形を組んだ後、攻めていく方法が自分の中に方針がなくて
(結構、組んだことに満足しているみたいな所があって)
このあたり、いくつか方針を持っておきたいな、というのが反省

2局目、3局目
向かい飛車で勝ち
こちらは攻めの方針も守りの方針もはっきりしていて
そういう意味では、自分主導で指せたのだけど
とにかく、詰まなくて詰まなくて。
相手も必死に受けてくるし。
私も何度も間違えて。
終盤の手筋、勉強しなおせ、という感じでした。

LPSA将棋ツアー2009 in 東京では
女子アマ王位戦のほかに、世代別将棋大会や指導対局
どうぶつしょうぎ、
席上対局 蛸島彰子五段中倉彰子初段の彰子対決
などやっており、
私は自分の将棋で精一杯だったので他のイベントには参加できませんでしたが
来場者がそれぞれ自分の楽しみ方を選んで参加できる感じがよかったです。
あと、将棋大会にやってきて、棋士先生に
「来てくださってありがとうございます」と言われるのは初めてで
もうそれは、自分たちでこの大会を運営している、ひとつの事業をやっている、という
強い企業家精神みたいなのを感じました。


そんなこんなで、終わったあとはこれです。

く~っ。うま~い
Londonさまと、ひたすら将棋談義。
Londonさまは、豊川先生の雁木戦法で今日はがんがん攻めたそうです。
やっぱり、ひとつ「これ」っていう戦法、もっておきたいです。
そして、ハッシーのNHK将棋講座。
もう、これは「賞賛モノ」でして。ものすごく実戦的だし。
私もこれでもう少しレベルアップをしたいと思います。


あと、将棋大会に向かう時のBGM。
どうも、東方神起やJohn-hoonのイメージじゃなくて。
(切ない系Love songと将棋大会っていうのが全く合わない…)
いい感じな音楽を探しとこ、というのも、今回の反省点でした。


ちょっと、反省モード、すぎるかな?
でも、本当に楽しい一日でした。

Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/271-f983aa8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。