上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日(1月20日)は、道場の指導対局も予約をしていたのです。
レディースセミナーを早退して道場に。
指導対局をしてくださった先生は、行方尚史七段です。


指導対局日:2007/01/20(土)
手合割:二枚落ち
下手:koyu
上手:行方先生

△6二銀 ▲7六歩 △5四歩 ▲4六歩 △5三銀 ▲4五歩
△3二金 ▲3六歩 △5二玉 ▲3五歩 △2二銀 ▲4八銀
△6二金 ▲4七銀 △7四歩 ▲5六歩 △6四歩 ▲6八銀
△7三金 ▲5七銀 △6三玉 ▲4六銀左 △8四金 ▲5八飛
△7三桂 ▲4八玉 △8五金 ▲3八玉 △7六金 ▲7八金
△8四歩 ▲4八金 △8五歩 ▲9八香 △2四歩 ▲3七桂
△1四歩 ▲1六歩 △2三銀 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 飛
△5四歩 ▲5九飛 △9四歩 ▲4四歩 △同 銀 ▲5五歩
△同 歩 ▲同 銀 △同 銀 ▲同 角 △5四歩 ▲8八角
△4二金 ▲4四歩 △5五銀 (第57手) ▲4三歩成 △同 金 ▲8三銀
△3四歩 ▲7二歩 △3五歩 ▲7一歩成 △3四銀 ▲7二と
△6五桂 ▲7七桂 △4六歩 ▲8五桂 △4七歩成 ▲同 金
△4六歩 ▲7三桂成 △5三玉 ▲4六金 △同 銀 ▲1一角成
△4七金 ▲2八玉 △3七銀成 ▲1八玉
あとは詰みまで一直線~上手の勝ち

う~ん。不出来なニ枚落ちで恥ずかしい…

ポイントはここでした。



第57手△5五銀。
この△5五銀が最後まではらえず角も飛車も使えなくなってしまった。
しかも、この△5五銀に対し私は▲4三歩成。
これに△同金とされ、上手の金銀がバランスよく配置されてしまい
しかも上手が4筋に歩が打てる状況を作ってしまったというのが最悪…。
う~ん。私のバカバカ

「ここで、いい返し技があったんですよ。」と行方先生。



返し技・第58手は▲4五銀。
次の狙いは▲5四銀。これで、上手、つぶれちゃうんだな。
それを避けるために△5三金としてきたらそこで▲4三歩成。
△同金としたところが銀挟みの形になってたりする訳で。

行方先生のアドバイスは、
駒がぶつかった不安定な場面でしっかり考えること。
二つ以上の狙いがある手は相手は受けられない、そういう手を考えること。
ニ枚落ちのこの形、5筋の歩と4筋の歩を切るのは意味が全然違う。
4筋の歩を切るのは自分の囲いの弱点をつかれるということを意識すること。

なかなか、難しいです。

でも1局1局経験していくことで勝負のポイントを自分でつかめるようになれると思うし、
今日の指導、とても勉強になりました。
とても丁寧に指導していただきうれしかった。
また機会があったら指導していただきたいな。
その時までにもっと強くならなければ

この指導対局の後、道場で10級の男の子と1局指して帰宅しました。
(久しぶりに飛車角ぶんぶん振り回す相手と指して焦った~

将棋の土曜日。楽しかったな
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/26-6c75b5e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。