上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は書店が開いている時間に帰宅できたんで、うれしくて、
勢い、この本を買いました。

 『永世竜王への軌跡』 渡辺明・著


で、帰宅の通勤電車内で、エピソード部分のみを、だ~っと拾い読み。完読。
その感想は、
「渡辺竜王って、ホント、ケーキ、好きなんだなぁ…」でした。
おやつに対する飽くなき情熱を感じました。

この本をこういう読み方をするのは邪道です。

自戦記10局、棋譜解説31局。
なんだか「渡辺」が姓で「竜王」が名前みたいに定着しちゃった
渡辺竜王の竜王戦の著書ですから。
(エピソード部分以外も)1局1局、じっくり読みたいと思います。

お前のような級位者が分かるの?読みおえることが出来るの?って
言われちゃいそうだけど、この本は、いける、ような気がします。
というのは、この本、図は大きいし、余白があるし、行間も広くて。
単純に、読みやすそう、なのです。
将棋の本で「これはいい本」と薦められても
文字がギッチリだったり、図が小さかったりすると、
読めば力がつくんだろうなぁ~と思っても、
読んでるうちに切なくなってしまったりするものです。
この本は、大丈夫そうな本です。

あと、表紙。
やはり渡辺竜王の和服って「茶」系統なイメージなんですよね。
その点も、いかにも、渡辺竜王の本、という感じでよいと思いました。

将棋の内容や著者の分析・考察についての感想を書けないのが、
ちょっと恥ずかしい。でも、感想を書いておきたかったので。

Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/249-c6538d58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。