上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前述の通り
kuma先生の指導は悪い手を許してくれませんからね。
いつものとおり、止められてばかりの指導対局でした。たはははは


指導対局日:2009/06/06
表題:遊遊レディース
手合割:二枚落ち
下手:koyu
上手:kuma先生

△6二銀 ▲7六歩 △5四歩 ▲4六歩 △5三銀 ▲4五歩
△3二金 ▲3六歩 △2二銀 ▲3五歩 △5二玉 ▲4八銀
△7四歩 ▲6八銀 △6四歩 ▲7八金 △6三玉 ▲4七銀
△6二金 ▲3八飛 △1四歩 ▲1六歩 △9四歩 ▲9六歩
△6五歩 ▲3四歩 △同 歩 ▲同 飛 △3三歩 ▲3六飛
△7三金 ▲5八金 △6四金 ▲6九玉 △7五歩 ▲同 歩
△同 金 ▲7六歩 △7四金 ▲4六銀 △8四歩 ▲3七桂
△1二香 ▲5六歩 △3一銀 ▲3五銀 △4二銀上 ▲4四歩
△同 歩 ▲同 銀 △同 銀 ▲同 角 △5三銀打 ▲2六角
△4四歩 ▲4五歩 △4三銀 ▲4四歩 △5二銀 ▲4六飛
△4二歩 ▲4五桂 △6二銀 ▲5五歩 △6四金 ▲7五銀
△5五金 ▲4八飛 △5六金 ▲5七歩 △5五金 ▲8四銀
△2四歩 ▲4三歩成 △同 歩 ▲8三銀不成△7三歩 ▲8二銀成
△2五歩 ▲1七角 △1五歩 ▲9一成銀 △6一銀 ▲8一成銀
△1六歩 ▲2八角 △2六歩 ▲3七角  △1七歩成 ▲5六歩
△同 金 ▲6四香 △5二玉 ▲6二香成 △同 銀 ▲6四角
△4二金 ▲8二成銀 △4四歩 ▲7二成銀 △5一銀 ▲5三銀
△4三玉 ▲4二銀成 △同 銀 ▲3五桂  △3二玉 ▲4二角成
△同 玉 ▲4三銀 △3一玉 ▲3二金
まで112手で下手の勝ち


そもそも上手が△3一銀-△4二銀 としてきた時に
4筋から攻めるのはイマイチ。
この場合は3筋から。
▲2五桂と戦力を足してその後▲3四歩からいくのがよい。

上手は8一の桂馬があがっていない状態、▲7二銀打で一発入るはず。
(8一の桂馬があがってないときはこの手を狙う)

△4三銀と先生が指したところで「うわ~これは悪い手だ~。」と
先生がつぶやく。
先生にとって「悪い手」は私にとってはチャンスのはずなんだけれど、
さっぱりわからない。

上手側の2筋3筋にいた金銀が△4三銀―△3二金と働いているので
4筋に飛車を回ってもなれる可能性はない。
(あまりこの飛車回りに意味はない)

▲7五銀、という手がまったくダメで。
▲5五歩と指したならその後は▲5四歩としたほうが。
例えば、▲7五歩―△同金-▲5四歩、みたいに。

△5六金に▲5七歩。
悪い手ではないが、強く行くならここは▲5七同銀△同金▲同金。
金を手持ちにできるのがよい。

全くダメな▲7五銀を、さらに▲8四銀に動かしたのは、
そっぽを向いてしまってダメ。
ここは▲4三歩成-△同歩-▲6四銀。
▲6四銀で相手玉を動かせば角が成れるってところに着目せねば。

でもせっかく打った銀なので▲8四銀を活用するべし。
▲8三銀歩成―▲8二銀成と相手の桂馬香車を取りに行く。

最初▲8一成銀と桂馬を取りに行って、先生にストップをかけられる。
ここで桂馬を取るか香車をとるかは大きな違い。
この局面で▲7五桂だと相手玉が逃げた時なんでもないけれど
▲6四香だと逃げても取っても角がなれるから。
ここでは絶対香車を取るべき。
それを事前に受けるために上手は△6一銀とあらかじめ受けておくが
そこで▲8一成銀と寄って、打った銀を最大限に利用、無駄にしないこと。


△1六歩に▲5六歩としてまた先生に止められる。
ここは角を逃げておいた方がよい。

△4二金に▲6三銀としようとしてまたまた先生に止められる。
まずは盤上の駒で。
決め手が見えないときは大駒を切らない。
駒台の駒を使う前に盤上の駒を動かす。
基本です。



って、な具合で、やることなすこと止められた指導対局、でした。

「koyuさんは終盤はいいと思うんですよね。
中盤でどう指すか、ってところですね。」とkuma先生。

う~ん、駒がぶつかるところですよね。
それって、二枚落ちの一番大切なところのような気がするんですけれど…。
ちょっと先行きに不安が。

色々パターンを覚えて、
上手の形によって一番いいパターンを選べるようになれば、ってことのようで、
つまりは、もっと指しなさい、ってことなので次回も頑張ります。
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/217-abae6327
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。