上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です。

会社の同僚が長期で休むことになって、
最近は2人分…とまでは言わないけれど1.7人分くらいの仕事をしている毎日です。
毎日帰宅は0時過ぎだし、休日出勤してるし、
そういう中で、正直、自分で将棋を指す気力も体力も残ってないのです。
それでも、プロ棋士の先生方の対局の結果は気にしていて、連盟HPをみて
「よしっ!勝った!」と喜んでみたり
「な~んでそこで負けるかなぁ~」とタメイキついたり
ま、そんな日々です。
こんなんでも、将棋を楽しんでいる、と言えるのでしょうか。


少しだけ仕事に「貯め」が出来たので
今日は名人戦の大盤解説会(将棋会館)へ行って来ました。
(というか、この日のために「貯め」てたんだよ)
将棋連盟の解説会は、行方八段、甲斐女流二段が担当です。
甲斐女流二段は、fuji先生やshingo先生と同門だから
勝手に「近い」女流棋士だと思って親しみをもっていたりします。
(まったく面識はないんですけれど)

そして、行方八段。
何年か前の東急将棋まつりで初めて行方先生の解説を聞いたのだけど
その時の解説がものすごく印象深くて
それ以来、行方先生が解説する機会には出来る限り見に行くようにしています。
ファンがケラケラ笑うようなネタがいっぱい、とか
棋士先生の話術を駆使した、いわゆる「面白い」解説ではないんです。
ただ、ひたすら、その「将棋」に向かっているような解説です。
その対局の将棋、そのものの面白さみたいなのを、とくとくと語っている感じです。
だから、時々難しくてさっぱり分からないし、深い検討に入ると
ちょっと「置いてきぼり」喰らった様な気持ちになったりもするんだけれど
それでも将棋を続けてきたことで解説の内容がそれなりに分かることもあって、
そんな時は「なるほど~」とものすごく心に残るし
何より先生がひたすら将棋のことを話していることに
ちょっとジーンとくるような感動を覚えることもあるのです(←かなり、ファンの贔屓目、入ってますけど

そんなこんなで、この名人戦第4局、
相掛かりなんて指したことないのだけど
分かることもそこそこあって、
それでまた「なるほど~」と「ジーン」を味わいました。

ただ、「これ、ぴったり、ですね~」なんていうとき、
行方先生の頭の中で「ぴったり」で、
甲斐女流二段の頭の中でも「ぴったり」で
でも、それが、盤操作が速すぎてついていけなかったり、
わからなくて考えている間に次の別局面の解説が始まっちゃったりして
「一体、今の、どこが『ぴったり』だったんだろう???」と思うところがあって
ちょっと残念でした。
(投了後の詰みは分かりましたけど)
この「ぴったり、詰み」がもっと分かるようになりたいな~、と思いました。

結果は郷田九段の勝ち。2勝2敗ですね。
第3局が終わった時は羽生名人強い!これはタイトル防衛だね、って思ったけれど
第4局が終わって郷田九段が名人奪取するかも、って思ってしまったりする。
いつも、その時勝った人を「強い」と思ってしまいます。
第5局、ますます楽しみです。
さて、秋田。どうする、秋田。


解説会の最後に、行方八段から今度の日曜日の大和證券杯のお知らせがありました。
そう、今度の日曜日は、行方八段木村八段戦があります。
「木村君は、充実しているというか…順調ですよね」という行方八段の言葉に
ご自分の現状に納得していないんだなぁ~という感じがヒシヒシと。
将棋の結果は勝つか負けるかしかないし
将棋の棋士という職業に「納得」「満足」という状態が訪れることがあるのかは
疑問ではありますが
納得できる結果を出して欲しいものです。



第5局の解説会、将棋会館では木村八段と鈴木環那女流初段が解説を担当。
そして毎日ホールでは我らがfuji先生が登場。
レディース魂が揺さぶられるね。

Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/198-fd9ac4d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。