上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人戦第2局の大盤解説会に行って来ました!
将棋会館は、藤井猛九段、井道千尋女流初段が担当。
解説会は、毎日・朝日の新聞社でもやっていますが
戦型が矢倉だったから
最近矢倉を指される藤井九段がどんな解説をされるのか聞きたかった・・・
というのもありますが
実のところ「絶品チーズバーガー」を生で聞きたいというのもあったりして。
「鰻屋の鰻」といい「絶品チーズバーガー」といい
藤井九段はもしかしたら、食いしん坊さん?
いやいや、どちらかというと、通しか知らないようなお店に通う
美食家さんのイメージかなぁ~などと、勝手想像が広がります。

15分程遅れて会場に到着するとすでに席はほぼほぼ埋まっていたのですが
先に到着していたLondonさんが席を取っておいてくださったので
とてもみやすい席で見ることが出来ました。
ありがとうございました。

さて、解説会。
もう、とにかくよく笑いました。こんなに笑ったのって久しぶり。
本当に面白かったです。

到着した時は、名人戦の指し手というより
「矢倉講座」みたいな感じだったのですが
一手一手、その順に意味があって、ちょっとした違いが危険をはらんでいる
っていうところが、ものすごく深いんだなぁ、と思いました。
ホント、矢倉って難しい。
でも、一つ一つ、この場合はこういう手があるなぁ、って検討していく過程は
極めたい人にはたまらない戦型だと思います。

途中、棋士先生の対局中の「癖」の話になって
郷田九段、羽生名人の癖の話で盛り上がった後
三浦八段の癖?の話になって
藤井九段が「あれは、改めて欲しい!」と言ったところで
その三浦八段ご本人が解説会の会場に現れて大爆笑。
あのタイミングは面白すぎました。

次の一手クイズはLondonさんが見事当てて、しかも賞品ゲット!
すばらしい~!!
私はしっかりはずしてしまいました。
問題は、▲5五歩、のところでした。
ちなみに私は▲5五桂だと思ったんだけれど。
取ったばかりの桂をそんな簡単には使わないよね。確かに。

対局は、どんどん難解に。
一日目をインターネットでみていた感じでは
(私の中では)This is 矢倉、みたいな駒の配置だったけれど
いつの間にか先手玉が9六にいたりするし
(あそこが安全?なの?
解説者のお二人は「なんか、気持ち悪いですよね」なんていってましたけれど、
ホントそうだよな~、別にあえてあそこにしなくてもいいのに、と
思ってしまいました)。

で、だんだん藤井九段の予想手も当たらなくなってきて、
新しい棋譜情報が入るたびに
それを受け取って次の指し手を言おうとする井道女流と
藤井九段のやりとりがまた面白かったです。

結果は、郷田九段の勝ち。
私は羽生先生を応援しているし
ファン心理として、羽生先生のほうが強い、と思っている訳ですが
この第2局を解説を聞きながらみた感じ、
なんていうか、郷田九段の指し手ってじわっとしていて
なんか怖い感じがしました。
よくわからないけれど、この感じ、なんなんでしょう。
(決して藤井九段、井道女流初段の解説のせいではないと思います。)

これで名人戦が第5局まであることが確定したので
私の秋田・名人戦観戦旅行計画も現実のものとなりそうです。
楽しみだな~♪

そうそう、結局「絶品チーズバーガー」は出ませんでした。
「絶品」までは出たんですけれどね。
藤井九段の次の解説を期待?します。
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/191-ca89c8b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。