上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王座戦の女流対局解説会に行ってきました。
特別イベントの「指導対局」からの参加。
阿久津六段の指導対局を受けました。
2時30分からの指導対局で阿久津先生を囲んだのは
レディースの3名とKさんの旦那様(大の阿久津先生ファン)と
あとお一人(男性)。
阿久津先生も「なんか、すごいメンバーですね~」とつぶやく。

私は久しぶりの2枚落ちで指導していただき、
途中、少しアドバイスをいただいて何とか勝たせていただきました。

でも、最後、先生が「負けました」と言ったとき
私は「詰み」が見えていなくて
「え?先生、投了早すぎですよ。」と言ってしまいました。

これには、阿久津先生も苦笑。
横で見ていた木村先生も周囲の人も笑ってるし・・・。

…一手詰み、でした。
穴があったら入りたいくらい恥ずかしかったです。


5時からは木村先生と千葉涼子先生のトークショー。
浴衣姿の若手女流棋士さんのコーヒーサービス。
その後、木村先生、阿久津先生の解説会がはじまりました。
プロ棋士対女流棋士の対局、
最近では女流棋士が勝つこともそれほどめずらしいことではなくなっていますが、
王座戦は持ち時間「5時間」。
この持ち時間が、女流棋士のもうひとつの敵のようです。
ひととおり、現状の解説を聞いたあと、勝敗予想クイズに応募しました。



矢内女流名人、清水女流二冠には、チャンスもあったよう、なのですが
(それでも、男性棋士の優位には違いなかったのだろうけれど)
甲斐女流、清水女流、矢内女流と立て続けに敗退。
千日手指し直しとなった石橋女流-金井四段戦は、
途中で解説会が打ち切られてしまいましたが
指し直し局の解説を聞いていて
優勢劣勢、一手でひっくり返る、プロの将棋というのは
大胆であると同時に、本当に繊細なのだなぁと思いました。

勝敗クイズは、三局終わった時点での当選者抽選ということになりました。
女流棋士の全敗を予想した、っていうのが申し訳なくも思うのですが
当選。
阿久津先生が抽選してくださり、木村先生から手渡してもらったその色紙は
羽生先生の色紙。うれしかったです。

自宅に帰って、石橋女流の敗退を知りました。
今年も全敗。
女流棋士にとっては厳しい結果でした。

コーヒーのサービスを振舞っていた女流棋士。本当に可愛らしい。
棋界の華、です。でも、それだけでは終わらないで欲しいです。
この中から何人か、いつか、この棋戦に出場して欲しいし
その時は、勝つのが「快挙」なんて言われないようになっていて欲しいです。
Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/144-91242b98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。