上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は王将戦第4局の大盤解説会に行ってきました。

聞き手の天野貴元三段は、
将棋連盟ビギナーズセミナーの講師でもあり
レディースセミナーにも何度か遊びに来てくれました。
礼儀正しくて、でも決して『品行方正』ではなくって(ゴメン)
まだ20歳そこそこなのに、
この人は一体いままでどんな世界をみてきたんだ~
末恐ろしく思うようなところもあり、
でも、だからなのかもしれないけれど
周囲の人に気遣いのできる、とてもよい青年です。
ま、そんな天野さんに「解説会、ぜひ来てくださいっっっ!」って言われたら
行かないわけにはいきません。

少々遅れて到着すると、既に解説会は始まっていて
いつもと違う光景が。
今回の解説会、解説者は勝又清和六段。
普通だと、勝又六段がマイクを持って盤面を説明
天野三段がパソコンや大盤で駒操作、って図になるんですが。
勝又先生がパソコン操作しているし、
天野三段が解説(聞き手じゃないよ~)をしていました。

これが、絶妙でして。
天野三段の面白い解説に、時折、
棋界NO.1の勝又先生の過去データ分析や詳細解説が加わり
ものすごく分かりやすい解説会でした。

王将戦第4局自体は、早々に終局してしまったのですが
そのあとも第4局の総括(参考譜として「佐藤和五段vs千葉女流」戦、
「久保八段vs行方八段」戦、「長沼七段vs羽生二冠」戦、「瀬川四段vs伊藤真四段」戦の
盤面がパワーポイントでポンッと出てくるあたり…勝又先生すごすぎます)
今期の王将戦第1局~第3局までのポイント解説など
夜8時まで充分楽しませていただきました。

レディースセミナーからもKarasさんやHさんが来ていたし
ビギナーズセミナーの生徒さんも多かったようですし、
勝又先生のデータを楽しみに来た方もいらっしゃったし。

このお二方の解説会、また見たいです。

駅の売店で久しぶりに「週刊将棋」を買って帰宅。
棋王戦と朝日オープンの記事を熟読。詰将棋を解きました。
将棋はやっぱり面白いですね。


Secret

TrackBackURL
→http://shogismile.blog137.fc2.com/tb.php/111-4fe7ef47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。