上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.30 がんばれ。
明日はB級1組順位戦。楽しみです。がんばれ。
スポンサーサイト
来週7月2日は遊遊&レディースはお休み。
ということで、Webノートの勉強会に行こうかと思っていたんですが
まるりん様から連絡あって。

<以下 将棋会館道場ホームページの転載>

第82期棋聖戦第3局大盤解説会

昨年と同カードになった、
羽生善治棋聖に深浦康市九段が挑戦する第82期棋聖戦5番勝負。
今年も激戦必至です。次の1手の出題もありますので、終局までお楽しみ下さい。

開催日
2011年7月2日(土)
15時30分開場 16時開始
※例年より1時間早い開始時間となります。お気を付け下さい
※対局が早く終了した場合も、20時半頃まで解説会は行います

場所
将棋会館2階研修室全席自由・70席(立ち見も出来ます)
※消防法等の関係で入場を制限する場合があります。ご了承下さい

解説
行方尚史八段
山田久美女流三段

料 金
一般 2000円
支部会員・女性・学生・60歳以上・障害者 1500円

・途中、次の1手の出題あり(正解者には呈賞)
・道場入場者は当日の手合カード提示で500円割引
・次の一手終了後の入場は500円割引(割引サービスの併用は出来ません)


----------------------


それでもって
この日は朝日杯のプロアマ一斉対局もあるらしく。
(たぶんこちらも解説会など催されるんだと思う)


銀河戦の放送あるし。

なんか結局、将棋の土曜日になるようなのであった。

最近将棋のイベント多いから、毎週末、将棋の日といえば将棋の日なのだけど。
土曜日のレディースの時に
斉木先生から「ひらつか七夕将棋大会のお知らせ」がありました。
女性大会・子供大会は7月9日(土)に行われるそうです。
岡崎洋六段、斎田晴子女流五段、井道千尋女流初段 がいらっしゃるようです。
親子将棋教室や指導対局もあるようです。

一般大会(七夕名人戦っていうらしい)は7月10日(日)です。

ホームページはこちら
http://www.tt.em-net.ne.jp/~happyrose/hiratsuka/tanabata/index.html

賞金(商品券だけど)がでるんだな~。強い人、出れ!
今月は4回分月謝を払っていたのだけど1回分あまってしまっていたので
午後の部にも出席することに。


*2011年6月25日 レディースセミナー午後 斉木先生時々天野先生の指導対局
生徒の人数が多いため、斉木先生が他の方を指導している間、天野先生が指し進めてくださいました。


指導対局日:2011/06/25
レディースセミナー
手合割:飛香落ち
下手:私
上手:斉木先生 時々 天野先生

△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △3二金 ▲1五歩
△4二銀 ▲1八飛 △4三銀 ▲4八銀 △6二玉 ▲1四歩
△同 歩 ▲同 飛 △1三歩 ▲1八飛 △7二玉 ▲4六歩
△5四歩 ▲4七銀 △6二銀 ▲6八玉 △5三銀 ▲7八玉
△5二金 ▲5八金右 △6四銀 ▲5六銀 △3五歩 ▲6八金上
△7四歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲4八飛 △5三金 ▲1二歩
△3四銀*  ▲6六歩 △5五歩 ▲6七銀* △8四歩 ▲5六歩*
△同 歩 ▲同 銀 △5五歩 ▲6七銀 △8五歩 ▲6五歩
△同 銀 ▲5五角*  △6四歩* ▲8八角* △5四銀*  ▲5五歩
△6三銀 ▲5六銀* △7三桂 ▲6七金右 △6五歩 ▲4五歩
△同 歩 ▲同 銀  △同 銀 ▲同 飛 △4四金 ▲4六飛
△4五歩 ▲2六飛  △5五金 ▲3四銀* △6六歩* ▲同 金*
△同 金* ▲同 角 △同 角 ▲同 飛* △6四歩 ▲5三金*
△6二銀* ▲4三銀成* △5三銀 ▲同成銀 △5二歩* ▲8三角*
△同 玉 ▲6三成銀 △8二金 ▲6四飛* △5五角* ▲7三成銀*
△同 金 ▲6一飛成* △9九角成* ▲6五桂* △7二銀 ▲7三桂成*
△同 玉 ▲6四銀 △8四玉 ▲7三銀打 △同 銀 ▲同銀不成
△同 玉* ▲7二金 △8四玉 ▲7三銀 △9三玉 ▲9一龍
△9二金 ▲同 龍 △同 玉 ▲8二銀成 △9三玉 ▲8三金
△投了


まで114手で下手の勝ち


*△3四銀
上手が変化・・・
普通に4五歩と攻めてもよさそうなんだけれど。

*▲6七銀
珍しく引いてみる。
この銀を引く指し方、私はあまり好きではなくて、よほど仕方がないときしかやらない。
1ニ歩とのつじつまが合っていない気がしてどうにも気持ち悪い。

*▲5六歩
天野先生からは▲6五歩のアドバイス(▲6五歩△同銀▲5五角)
私が最初に見えた手が▲5六歩だったのでこちらで指してみた。
▲5六歩△同歩▲同銀△5五歩▲6七銀とした後に天野先生のアドバイスの手を指してみようかと。

*▲5五角
天野先生「ここは上手の個性が出るところなので僕は指しません」ということで
この次の指し手は斉木先生が指すことに。
斉木先生は6四歩か6四金か。

*△6四歩
斉木先生は△6四歩。

*▲8八角
△6四歩でも△6四金でも▲8八角

*△5四銀
上手、引く・・・。

*▲5六銀
やっとこの銀が攻めに使える。

*▲3四銀
私としては良い手のつもりで指したけれどこれがイマイチだった。

*△6六歩
受けたほうがいいよなぁ…と思いつつ良い手がみつからず、
仕方なく▲2三銀成と攻めようとして
天野先生に「それはちょっと…(苦笑)」と止められる。
しかし6七の金を横に動かすのもどうもよろしくない。

*▲同 金
で、結局「6六金か?」という天野先生アドバイスで進める。
指してみて・・・あれ、飛車と角が・・・

*△同 金
角と飛車、どちらを盤上に残そうか。

*▲同 飛
飛車が残る方を選択。でも次の手の具体的なイメージが全然わかない。悩む。

*▲5三金
恐る恐る迷いながら。上手はどう受けてくるんだろう。

*△6二銀
斉木先生は6二銀。

*▲4三銀成
最初▲6ニ金としてみたが
斎木先生がふと呟いた「▲4三銀成がお勧めなんですが…」が
とてもいい手に思えたので変えてもらう。

*△5二歩
最初ここで▲6一角としたら天野先生に「考え方は近いんだけど方向が間違っている」と言われる。
う~ん。

*▲8三角
ということで8三から打ってみたが・・・。
天野先生「普通、銀だと思うんですが」
斉木先生「6一銀や8一銀がよかったのでは」
評判悪い。

*▲6四飛
この手を見た天野先生に「△5五角とされた時の対処がわかって指しているんでしょうね。」と言われる。
そんなのわかっていない。

*△5五角
ここで最初に考えたのは▲8四銀。△同玉▲7五銀△8四玉▲7四銀
...でも、これだと受けられてしまうらしい。
(なんでも、「フジクラ流」の受けが飛んでくるらしい)

*▲7三成銀
ということでこちらから。

*▲6一飛成
斉木先生「成る場所は6二でなく6一。」

*△9九角成
この場面で▲8八銀打としたら天野先生に
「何で急にナガセクンみたいになってるんですか。
7三成銀~6一飛車成としたのと合ってないです。
ここはスガイクンみたいに決めちゃわないと」と言われる。

▲6五桂
私はスガイクンではありませんが6五桂

▲7三桂成
取るしかないし。

△同 玉
斉木先生「それでは、長いですが詰ませてみましょう」


*自分の得意な形に持ち込めば色々手が思いつくのだけど、
苦手な(嫌いな)形になると即・思考停止という典型的な将棋でした。
*どうも終盤が弱い。
なんとなくこの辺りに打ち込めばどうにかなる、という目論見はたつのだけど、
しっかり読み切れていないので、当然ながら先生にはしっかり咎められてしまうのであった。

ぐちゃっとした将棋になってしまい中盤~終盤は一手一手教わりながらの指導対局でした。

斉木先生、天野先生には午前・午後とも時間を過ぎても指していただいて
スタッフの方々も待たせてしまってすみませんでした。
ありがとうございました。


土曜日、レディースセミナーに行ってきました。
私は午前中に韓国語教室に通っているので、
午前の部にはなかなか出席できないのですが
この日は、韓国語教室が休講になったので午前の部に出席。

*2011年6月25日 レディースセミナー午前 斉木先生の指導対局

指導対局日:2011/06/25
レディースセミナー
手合割:飛香落ち
下手:私
上手:斉木先生

△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △3二銀 ▲1五歩
△4三銀 ▲1八飛 △3二金 ▲1四歩 △同 歩 ▲同 飛
△1三歩 ▲1八飛 △6二玉 ▲4八銀 △7二玉 ▲4六歩
△6二銀 ▲4七銀 △5二金 ▲6八玉 △5四歩 ▲7八玉
△5三銀 ▲5八金右 △9四歩 ▲9六歩 △6四銀 ▲6八金上
△5五歩* ▲3六銀* △5四銀 ▲2六歩 △7四歩 ▲2五歩*
△8四歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲2八飛 △3三角 ▲2五歩
△8五歩 ▲2四歩 △2二歩 ▲2五銀 △4三金右 ▲1二歩*
△7五歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲1一歩成 △4二角 ▲2一と
△8六歩 ▲同 歩 △8七歩 ▲9七角 △8六銀 ▲7七歩
△9七銀成* ▲同 桂* △6五銀 ▲1八飛* △6四角 ▲1三飛成
△5六歩 ▲2二と △4二金寄* ▲1一龍* △5七歩成 ▲同金直
△5六歩 ▲5八金引 △5五角 ▲8四桂 △8二玉 ▲6一龍
△7六歩 ▲7二龍 △9三玉* ▲8五桂 △8四玉 ▲7五銀
△8五玉*  ▲6六銀 △同 銀 ▲8六歩 △8四玉 ▲6六歩
△同 角*  ▲6七金右* △投了


まで92手で下手の勝ち


*△5五歩
角道をふさがれる。
感想戦で、「△6四銀の時に▲5六銀とあがらないと、このように指される場合があります」

*▲3六銀
以前から飛車香落ちでこちらに銀を出してみたかったので迷わず▲3六銀。

*▲2五歩
棒銀にしたいと思っていますが…平手でも棒銀は指さないのでうまく進めることができるか不安です。

*▲1二歩
ここで▲1ニ歩ではなく▲2三歩△同歩 ▲2四歩としていくのが棒銀。
2五の銀を働かせるためにはここで▲2三歩としておくべきだった。

*△9七銀成
何で取るか。

*▲同 桂
「桂だと後で攻めに使えます。」とのことだった。よかったのかな?

*▲1八飛
最初に考えていたのは2二と…でもあまりうまく行きそうもない。
次に考えたのは1三香成。でもそれなら「飛車を回って成るのがいいのでは」ということで1八飛車。

*△4二金寄
「2二と」と「2四歩」が使いづらいのが嫌で、
2三とや2三歩成でどうにかならないかと考えていたが、どうにも遅いのであった。
早い手は...

*▲1一龍
「1一龍がいいですね。」

*△9三玉
なんだか怪しい。詰むんでしょうか。

*△8五玉
・・・このあたりでわけが分からなくなっている。詰みそうなんだけど、どうしたらいいのか

*△同 角
「次の手で投了」

*▲6七金右
天野先生曰く「オオヒラ流の受け」なんだそうだ。


*2五の銀が使えなくて残ってしまったせいか、攻めづらかった。
棒銀が分かっていない、というのがちょっと情けない。
終盤、自陣に手が付くとあまりいい判断ができていない気がする。

2011.06.19 がんばれ。
明日の携帯中継が楽しみ。
ちょうど休暇をとっていたので一日携帯中継がみれる。
楽しみだ。
*2011年6月18日 レディースセミナー 鈴木肇先生の指導対局

指導対局日:2011/06/18
レディースセミナー
手合割:飛香落ち
下手:koyu
上手:鈴木先生

△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △3二金 ▲1五歩
△4二銀 ▲1八飛 △4三銀 ▲1四歩 △同 歩 ▲同 飛
△1三歩 ▲1八飛 △6二玉 ▲4八銀 △7二玉 ▲4六歩
△6二銀 ▲4七銀 △5四歩 ▲6八玉 △5三銀 ▲7八玉
△5二金 ▲5八金右 △6四歩 ▲6八金上 △7四歩 ▲9六歩
△9四歩 ▲5六銀 △6三金 ▲4八飛 △8四歩 ▲1二歩
△7三桂 ▲4五歩 △8五歩 ▲4四歩 △同銀直 ▲1一歩成
△同 角*  ▲4五銀*  △4三歩*  ▲4四銀 △同 歩*  ▲1二銀
△3三角 ▲2一銀不成 △2二金* ▲1三香成* △2一金*  ▲4五桂*
△4二角 ▲5三桂成 △同 角 ▲4四角 △5二銀 ▲5三角成*
△同 金 ▲4二飛成 △6二銀* ▲5一銀*  △4一歩 ▲6二銀成
△同 玉 ▲5一角 △6三玉* ▲6二銀*  △6一桂* ▲5三銀成
△同 銀 ▲6二金 △同 銀 ▲同 龍

まで76手で下手の勝ち

*△同 角
先週、似ている局面をやっている。いつもの私なら迷わず▲4五銀だけど…それはこのさき△4五歩という展開になって、イマイチなんじゃなかったかな?と思って1二歩としてみたけれど、やっぱり先生にもどされる。確かにこれもパッとしない手だと思う。
この手のままで進めてどうなるか、どれくらい悪いのか、挽回することもかなわないのか、やってみたい気もしたけれど、もどされるということは、相当ダメなんだろうな。
う~ん。

*▲4五銀
結局▲4五銀なんじゃないか。

*△4三歩
感想戦で。ここで方針として▲3四銀と出る方法もあった。その後の指し方としては ▲1三香成△同桂▲1四歩△2五桂▲同銀など。

*△同 歩
この歩が嫌い。

*△2二金
ここで▲2五桂で何とかなると思ったけれどならない。4四にいるのが歩、だし。

*▲1三香成
ここは1三香成。

*△2一金
「ここでいい手が」と言われたらこれかなぁ・・・と。

*▲4五桂
2五桂もあったみたい。

*▲5三角成
角を取れると少しホッとする。

*△6二銀
飛車を成りこめたけれど△6二銀と指されて、困ってしまった。
次に上手は4一歩と底歩を打ってくるはずだから、その前に何とかしないと。
とにかく、相手の金銀銀玉の駒の連結を崩さなければ。
まず考えたのが▲4四銀。これもよかったみたい(むしろこちらの方が本線だったらしい。)
飛車と金銀の2枚替えになれば調子がいいはずなのだけど、そこまでイメージできなかった。

*▲5一銀
上手が何をしても次に▲6二銀成としようと思っている。

*△6三玉
ここで最初に考えたのは▲8四銀。もし上手が4二歩と龍を取ったら(取るわけはないんだが)7三角成で詰み…なんだけど絶対6二で受けられるよな…その時どうしようとあまり先を考えずに指す。
案の定、先生に戻される。「考え方はいいので6二に銀を打たれないようにすることを考えてみてください」とのこと。そう言われると…

*▲6二銀
打たれたくなければ自分で打つしかないのであった。
「この手が見えないとこの形は難しくなってしまいますね。」

*△6一桂
私は、上手は△6五歩や△5五歩と逃げ道をあけてくるに違いない、相手玉をどの辺りで捕まえられるか見当も付かなくてウンウン考えていたのだけれど、△6一桂だった。玉が狭いし、なんとかなりそう。


2011.06.12 よしとする
今日は、将棋会館道場で佐々木慎先生の指導対局を受けて
レディースセミナーで佐藤和俊先生の指導対局を受けて
自分でも思いがけずテンションが上がって
ここ最近で一番の、ハッピーな将棋デーだった。

棋譜が並び返せないことを除いては、ね。

・・・何やってんの、俺  

ま、パソコンの棋譜ソフトの調子も悪いので
よしとしよう。


土曜日はレディースセミナーに行ってきました。
将棋会館に早めに着いて午前の部に出席の方々と久しぶりにランチをご一緒しました。
ここの所、レディースセミナーのお仲間との「将棋トーク」はすっかりご無沙汰していて、
話していて、うわ~やっぱりこれがなくっちゃね、と思ったのでした。
楽しかったです。

午後のレディースは生徒2名と少なめ、
(レディースセミナーは天気がいい日は出席率が下がるような気がする)
真吾先生が寂しがって、というか
「もしかして午後は?最近は?いつもこんなに少ないんですか?」と心配していました。
(昨日はたまたまだと思うけど…)


講義は必至問題。難しいのだけれど、実は必至問題を考えるのは好き。
相手の受け方に思いも寄らない手が出てきたりするところが面白い。
先生の解説を聞いていて「あ~そんな手があるんだ~。」と感動する事が多いです。
講義の後は、指導対局。
生徒2名だし、早く指せば2局指導していただけるかも…と密かな期待を持って
棋譜も記録せずパパパッっと序盤を飛ばしたのだけど、終盤悩みに悩んで
結局1局しか指すことができませんでした。
そうそう、うまくはいきませんね。
かなり優勢な展開で進んでいたのだけれど、
ちょっとしたところで難しくしてしまったようでした。
最後に名人戦第5局の解説を聞いて終了でした。

今週は、iPad2をひたすらいじっている一週間でした。
でも、あまり将棋の事には使っていない。。。
お仕事50%、韓国語40%、将棋5%、その他5%くらいの使用率。
将棋で使ったのは、
柿木将棋と最弱レベルで平手を指したのと、将棋世界の電子版を購入したくらい。
次回あたりにはiPad2で棋譜入力を試してみようかな、と思っています。
2011.06.02 がんばれ。
今期の順位戦が始まります。

がんばれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。