上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「東日本大震災チャリティーイベント 将棋 in 神奈川」に行ってきました。

今日がそのイベントの日だ、と朝から思っていたけれど
さて、行けるかどうか、という感じだったものだから
ちょっと出遅れちゃって、
まぁ、それでも、全部観れないけれど、
ちょこっと、特選対局だけでも観れればいいかなぁと会場に向かったのでした。

到着した時は、チャリティーオークションをやっていて
野月先生提供の将棋盤が10万円で落札されていました。

井道女流、山口女流と小学生のペア将棋は、えっ???という逆転。
将棋ってこういうこと、あるよな、と
将棋感覚を思い出す1局でした。

で、その後、望みどおり特選対局を観ることができました。
うん、よかったですよ。
行方先生は負けてしまったけれど、ね。
野月先生が解説をしていて、
途中会場の人たちに「どちらを持ちたいか」と聞いたとき
ホトンドの人が戸辺先生持ちで、おぃおぃ、そんなにひどいのかよ、と。
そうはいっても行方先生が「序盤優勢」なんてあまり聞いたことないし、
そのうち逆転するだろうと私はえらく楽観的にみていたのですが、
少し差を詰めたようでもありましたが残念ながら逆転はなりませんでした。
感想戦でこうやるんだった、ああやるんだった、と色々言っていたけれど
結果的には大差だったのかな。よくわからない。
う~ん。公式戦で勝っていただきたいものです。

チャリティーイベントということで、記念に何か買おうと思って
北浜先生の詰将棋色紙(11手詰)を買って帰ってきました。

久しぶりの将棋イベント、
自分では、結構冷静に普通な気分で出かけていったつもりだけれど
帰りの電車ではボーっとしていたのか、ハイになっていたのか
渋谷に向かうつもりが八王子に着いてしまったので
(横浜線直通電車に乗っていたのに気づかなかった)
やっぱり少し緊張してたのかなぁと思いました。

スポンサーサイト
2011.04.17 残念でした。
今日は韓国語能力試験。
90分×前・後半の180分。韓国語漬けでした。
やはり、準備不足、でした。時間の配分も上手く出来なかったし
出来る問題と出来ない問題の差が激しすぎました。
残念でした。
さすがに中級になると受けに来ている人も「何かを目指している人」なので真剣の度合いが違うのです。
知ってる人は一人もいませんでしたが、とても刺激になりました。
次の9月試験に向けて今日から勉強再開です。

この試験が終って、
もうひとつ5月中旬から下旬に仕上げるおシゴトがあるのだけれど
なんとか、ゴールデンウィーク前には形にして
せめてゴールデンウィークくらいは
色々諸々楽しいことばっかりの時間を過ごしたいです。

ぜんぜん、将棋のことを書けなくてすみません。
ちょっと時間が経って色々忘れているので
逆にこういうときのほうが色々覚えやすいかな、とか
新しい戦法とか試してみると新鮮かもしれないな、とか思ったりもします。
2011.04.10 近況
怒涛の1ヶ月でした。

仕事は、とりあえず、ひとつ山を越えました。
本来、最後の、一番詰めなければならない時期に、地震、停電の影響で
まともにスケジュールが組めない、会って打ち合わせをする時間も取れない状況で
様々な要求に対応し、間に合わせてくださった関係者の方々、開発者の方々に感謝しています。

今回は、私も、少しは、がんばったんじゃないか、役に立てたんじゃないかと思っているけれど
仕事は結果を出してなんぼ、だから、
がんばった、なんていう甘ったれた自己満足は感傷にすぎないかなとも思います。

プライベートを犠牲にしてしまうような仕事の仕方しかできなくて
将棋も韓国語も、その他諸々のことがすべてストップしてしまって、食事も睡眠もままならなくて
自分の時間もコントロールできないのかよ、と少し落ち込んだり
楽しげな話題が聞こえてくるとなんだかポツンと一人取り残されたような寂しさを味わっているのだけど
一方で、私が求めるものとか達成したいものとか物事への係わり方とかが、
中途半端では物足りない・満たされない・納得できないという、欲の深さが招いていることかな、とも感じていて
そんな私のことを「愚鈍」と言った人がいたけれど、まさにそのとおりで
もう、これは、サガ、というか、宿命みたいなもので、仕方のないことなのかな、などと思いつつ
日々を過ごしています。

もうしばらくしたら、将棋を再開出来るかと思います。                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。