上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*2月26日のレディースセミナーは午後の部に出席してきました。
担当は鈴木肇先生。
先般の王将戦第3局のとき、記録係だった肇先生は中継ブログにどアップで写ったり
おやつが紹介されたり、色々大活躍?で
「いやぁ~びっくりしたっすよ~。」なんて会話からレディースセミナーはスタート。

*講義は先生の奨励会での対局から平手を指す時の考え方について。
相手に攻められてついその手にのって受けちゃったりするけれど…。
そこが考え時、なのですね。返し技がないかと。

*指導対局が終って少し時間があったので詰将棋を
ふたつ本があって「どちらにします?」と肇先生に聞かれてう~んと悩んでいると
「あ、これ、師匠の本です。これ、面白いんですよ。」と小泉先生がおっしゃったので西村先生の詰将棋本に。
面白い・・・っていきなり7手詰めとかなんですが。
でも、詰将棋の横に将棋の歴史や豆知識が書いてあって、確かに面白い。
将棋に類似したゲームで競技人口が多いのは、1位チェス、2位中国将棋で3位が日本将棋だって。
そうなのか~。
で、詰将棋の方は、
「解けると思うけれど僕も解いている本なんで解けなくても落ち込むことはないですよ。」
という肇先生の微妙な励ましの下、取り組みましたが
初手が全然浮かばなくって、ホトンド初手は小泉先生に教わることに。
あぁ、7手詰めはまだまだ、なんだなぁ。
でも5手詰めになれば、普通に解けたので、よしとしよう。
あの西村先生の詰将棋本、タイトルは「やさしい~」なんちゃら、だった。
(私からすると「やさしい?」って感じだったけれど)
欲しいなぁ~。今度探してみよう。

スポンサーサイト
*2011年2月26日 レディースセミナー 鈴木肇先生の指導対局
▲koyu-△肇先生


指導対局日:2011/02/26
棋戦:レディースセミナー
手合割:飛香落ち
下手:koyu
上手:hajime先生

△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △3二金 ▲1五歩
△4二銀 ▲1八飛 △4三銀 ▲1四歩 △同 歩 ▲同 飛
△1三歩 ▲1八飛 △6二玉 ▲4八銀 △7二玉 ▲4六歩
△6二銀 ▲4七銀 △5四歩 ▲6八玉 △5三銀 ▲7八玉
△6四銀 ▲5六銀 △7四歩* ▲5八金右 △5二金 ▲9六歩
△7五歩* ▲同 歩 △同 銀* ▲6八金上 △8四歩* ▲4八飛
△5三金 ▲1二歩 △8五歩 ▲4五歩 △6四歩 ▲4四歩
△同 銀 ▲1一歩成 △同 角 ▲4五銀 △5五歩 ▲4四銀*
△同 金* ▲1二銀 △3三角 ▲2一銀不成 △2二金 ▲2五桂*
△8六歩* ▲同 歩* △8五歩 ▲3三桂成* △同 金 ▲7七歩*
△8六歩 ▲3二銀成* △4三金寄 ▲5二角* △8七銀* ▲6九玉
△8八銀成 ▲同 銀 △6五角* ▲8五角成 △8七歩成* ▲6三銀*
△8二玉 ▲7五馬 △8八と* ▲6四馬* △7三桂打* ▲8四歩*
△4七歩* ▲8三銀 △同 角* ▲同歩成 △同 玉 ▲7四馬
△8二玉 ▲6一角 △9四銀 ▲7二角成*

まで88手で下手の勝ち


*△7四歩:これは、もしかして…

*△7五歩:あ、やっぱり。

*△同 銀:久しぶりの△7五銀。…なんだろう、とても懐かしい気がする。

*△8四歩:この歩が8六に来る前にこちらは仕掛けなければいけない……んだったかな(記憶が曖昧)

*▲4四銀:上手は△4五同金か△4五同角か。なんとなく△4五同角のほうがいいなぁ…などと思っていたが…

*△同 金:△4五同金、だった。

*▲2五桂:この辺りは習った順。

*△8六歩:上手の△8六歩が来た。ここからどうするか。

*▲同 歩:何もせずにと金を作られてはいけないはずなので▲8六同歩。

*▲3三桂成:上手に桂馬を渡すことになるので少し悩んだけれどここを逃すと上手の角を取ることが出来ないような気がしたので▲3三桂成。

*▲7七歩:玉頭があいているのがどうにも気持ち悪く▲7七歩。しかし、打ってみるとこれはこれで気持ち悪い。「あ~、これは悪手だ、きっと…」と思う。実際、感想戦でも「この手がよくなかった。」と指摘された。

*▲3二銀成:感想戦で。「この手が見えているのであれば、この前の▲7七歩のところでこの▲3二銀成を指したかった」

*▲5二角:7四にも8五にも成れるし、そんなに上手くはいかないかもしれないけれど▲4三角成とすれば4八の飛車を使う場面がでてきそう…などと、考えて打った▲5二角。

*△8七銀:いつかは来ると思っていた△8七銀。

*△6五角:攻防に効いてる角だなぁ、なんだかうるさい角になりそうで嫌だなぁと思った。

*△8七歩成:このと金を同銀と取ってしまうと上手のスピードがアップするような気がする…ということで悩む。

*▲6三銀:いつか6五の角を動かすことが出来る手、玉を5筋4筋方面に逃がさない手、ということで▲6三銀。この後、8五にいる馬を7五→6四として上手の攻め駒を全部回収したい。

*△8八と:△8三角成が気になるけれど…

*▲6四馬:自玉を攻められそうだけどこちらが王手をかければ怖くないと▲6四馬。△7三歩や上手玉が逃げれば
▲6五馬で上手の角が取れるな~とうれしい気持ち。

*△7三桂打:桂馬を打たれた。6五馬とは出来なくなってしまった。というか、そんな都合がよく行くはずはなかった。

*▲8四歩:飛車を切って金を補充すれば詰みそう…

*△4七歩:…という私の考えは完全にバレバレなのである。

*△同 角:実をいうと8三の地点に上手の角が効いているのをすっかり忘れていた。一瞬びっくり。でも、銀二枚を上手に持たれても私の玉は大丈夫(のはず)。

*▲7二角成:上手投了。感想戦で「後半は随分するどかったですね。」え、私、もしかしてほめられてる?とちょっと(かなり)うれしい気持ち。

*「60手目の▲7七歩がよくなかった。これは7五の銀を受けるという狙いしかない手だから。その後62手目に指した▲3二銀成が見えているなら60手目にその手を指して△4三金 ▲4二成銀 △5三金 ▲5二成銀と成銀を5二の地点まで持っていけば随分寄せやすくなったはず」


本日配布された2011年3月の遊遊&レディースの講師表です。

講師は変更になることがあるので最新情報は遊遊&レディースのブログで確認してください。


2011年
3月5日 北島忠雄六段 伊藤和夫三段 天野貴元三段 伊藤真吾四段
3月12日 佐藤紳哉六段 野田澤彩乃女流1級 小池裕喜五段 佐藤和俊五段
3月19日 片上大輔六段 中村真梨花女流二段 小泉祐三段 鈴木肇三段
3月26日 武市三郎六段 鈴木環那女流初段 天野貴元三段 斉木豊二段



*3月12日は紳哉先生・和俊先生のW佐藤先生が登場。何かが起こりそうな…(起こりません)。
そして3月19日の遊遊のゲストはshogi-daichan・片上先生です。遊遊、いいなぁ~。
で、高野先生がいない。残念。六段昇段のお祝いを言いたかったのになぁ。。。

 
今日は朝日カルチャーセンター主催、脳科学者・茂木健一郎氏、将棋棋士・羽生善治氏による対談
「脳と将棋」に行ってきました。

2011.02.20 クマデース
土曜日はレディースセミナーに行きました。

斉木先生が担当。斉木プリントは囲いの攻略法(穴熊ver.)
斉木プリント
基本的な手筋の説明があって、その後、それを応用する問題が出るのです。
イラストも可愛くて
(今回は「クマデース」だよ。「クマデース」ってなんなんだよ…まったく可愛いったらありゃしない。)
復習用に解説プリントまで用意されています。

なんかこういうのって、心わしづかみ、なんだよな。

*2011年2月19日 斉木先生の指導対局
▲koyu-△斉木先生



指導対局日:2011/02/19
棋戦:レディースセミナー
手合割:飛香落ち
下手:koyu
上手:saiki先生

*2011年2月19日 斉木先生の指導対局
△3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲1六歩 △3二銀 ▲1五歩
△4三銀 ▲1八飛 △3二金 ▲1四歩 △同 歩 ▲同 飛
△1三歩 ▲1八飛 △6二玉 ▲4八銀 △7二玉 ▲4六歩
△6二銀 ▲4七銀 △5四歩 ▲6八玉 △5三銀 ▲7八玉
△6二金 ▲5八金右 △9四歩 ▲9六歩 △6四銀 ▲5六銀
△5三金 ▲6八金上 △3五歩 ▲4八飛 △5五歩*  ▲同 銀*
△6五銀 ▲4五歩 △同 歩 ▲同 飛 △5四銀引 ▲同 銀
△8八角成 ▲同 銀 △5四金 ▲4八飛 △4五歩 ▲4二歩*
△同 金 ▲3一角*  △3二金 ▲7五角成 △4六歩 ▲4一銀
△6四銀* ▲3二銀不成 △同 銀 ▲8六馬 △4五金 ▲1八飛
△4三銀 ▲4八歩*  △7四歩 ▲7七銀* △7三桂 ▲6六銀
△3六歩 ▲1五飛 △4四金* ▲7五歩 △5五歩 ▲7四歩
△6五桂 ▲7三金* △同 銀 ▲同歩成 △同 玉 ▲5三馬
△3八角 ▲7五銀 △7四歩 ▲6二銀 △8二玉* ▲7一銀不成*
△9三玉 ▲8六銀* △2九角成 ▲6二馬 △7六桂* ▲9五歩*
△8八金 ▲6九玉 △6八桂成 ▲同 金 △7九金打 ▲5九玉
△9九金 ▲8五桂 △9二玉* ▲7三馬 △8一香 ▲9四歩
△8四銀 ▲9三歩成 △同 銀 ▲同桂成 △同 玉 ▲9四歩
△同 玉* ▲9五馬 △9三玉 ▲9四歩 △9二玉 ▲9三銀
まで114手で下手の勝ち


*△5五歩:「いつもと違う手を指します」というのは△5五歩だった。

*▲同 銀:この銀を引く気は全くないので悩まず▲同銀。

*▲4二歩:▲1二歩か▲4二歩か悩んで▲4二歩にした。以前他の先生に教えていただいた時、「駒がぶつかった後に1筋を攻めるのはあまり怖くない」との事だったので。ただ、感想戦ではこの手はあまりよくない手ということだった。この時点で上手は歩切れ。歩切れの相手に歩を渡す手はさすがによい手とはいえない。上手の立場で考えればなるほど、という感じ。

*▲3一角:▲4二歩はこの▲3一角を打ちたかったから。

*△6四銀:ここで馬を逃げる手から考えてはダメ。

*▲4八歩:4筋の歩は攻めに使いたかったけれど、手が浮かばなくて仕方なく▲4八歩にした。

*▲7七銀:先生曰く「指してもらいたい手」。この場面でそういわれると▲7七銀しかないと思う。▲7七銀は8一の桂が跳ねるまで保留しようと思っていたけれど、結果としてはこのタイミングがよかったみたい。

*△4四金:私は△4四銀だと思っていたので心底びっくり。飛車の横ぎきが通ったのでなんだか色々指せそうな気がしてうれしくなったけれど、逆に上手が何を考えているかわからないので「なんか思いもよらない手がくるんじゃないか??」となかなか次の手が指せなかった。

*▲7三金:▲7三金 △同銀 ▲同歩成で6四の銀を消せば悪くないかなぁ、ぐらいの気持ち。

*△8二玉:▲7四銀だけはまずい気がする。

*▲7一銀不成:手が浮かばないのでとりあえず王手

*▲8六銀:▲6六銀と▲8六銀で迷って▲8六銀を。端で上手玉を詰ましたいので。

*△7六桂:「ここで自玉が詰んでしまうのか否かを読んで危なかったら受けてください」と言われる。そう言われるまで受ける手など一手も考えていなかったので焦り始める。こういうところでちゃんと読まないといけないようです。

*▲9五歩:と言っても読みきれるものでもないので受けなかった。

*9二玉:詰みそうなんだけど具体的な手は浮かんでこない。

*△同 玉:色々複雑に考えていて「あれ?5手詰めか。」と気づいたときの恥かしさったらない。








まったく将棋とは関係ない、私の心の中の葛藤の話です。






2011.02.15 よかった。
行方先生、勝った。よかった。
2011.02.15 がんばれ。
行方先生、がんばれ。
昨日2月12日は、
第4回朝日杯将棋オープン戦の準決勝・決勝の公開対局・大盤解説会に行ってきました。

朝日杯の準決勝・決勝の公開対局は、
トップ棋士の方々の生対局風景を目前にみることができるというのがすごいところ。
そちらを見たい気持ちもありましたが、
(と、とりあえず書いてみましたが、今回に限り、これは嘘)
今回は大盤解説の会場で観戦することにしました。

大盤解説は解説:行方八段、聞き手:矢内女流四段。
矢内さんのタートルと行方先生のネクタイの色が部分ペアみたいなパープルでした。
お召し物チェックは書き出すとキリがないのでこの辺で終了。

準決勝の、羽生-郷田戦、渡辺-木村戦
同時刻開始・持ち時間40分の2局解説は、
解説をするほうも大変そうでしたが
解説を聞くこちらも大変。
だいたい、前の局面が思い出せないし。
先生が言ったいくつかの指し手候補も考えているうちに抜けていってしまうし。
それでも、ついていくぞ~ついていくぞ~、と頭フル稼働で聞いていました。

羽生-郷田戦が先に終了し、お二方が大盤解説会の会場に来て感想戦。
対局直後なのになんだかお二人とも平然というか、落ち着いてるなぁ、などという感想はもてるのだけど
羽生先生と郷田先生の超ハイレベルな感想戦にはついていけない~全然わからない~
(この感想戦に「うん。うん。」とうなづける日は来るのだろうか。)

で、私の注目は次第に別のビジョンに映し出される渡辺-木村戦に。
渡辺-木村戦は、行方先生は断定的なことは言わなかったけれどその解説の口調から
後半盛り返してきてはいたけれど木村先生側がかなり厳しいようでした。
棋力がなくても、終盤は自分のレベルでそれなりに指し手を考えることができるということもあって
「羽生先生・郷田先生、時々行方先生」の声をBGMに(すみません)ぼんやりとみていたのだけど
私のレベルでもあれ?って感じになってきたのです。
これ、渡辺竜王が木村玉を詰まそうとしてるんだよね、
そのわりに、なんか、木村玉の動きが変じゃないか?あれ?あれ?あれれ?
と思っていたら…竜王投了。

うわ~何が起こった?
家でネット観戦してたら声出してしまっていたかもしれない。
そんな終盤でした。

ランチはレディースセミナーの皆様とご一緒に。

レディースセミナーのお仲間は、渡辺-木村戦の対局を対局室で見ていた方が多かったので
興奮冷めやらぬ感じ。
なんか…ちょっと…うらやましい、ぞ。
でも、そちらの方々は、「対局室では解説は聞けないからどちらがいいとか状況がわからなかった」
ということでした。
どっちもどっち、ですね。
将棋は「両取り」をかけることはできるけれど、どちらかしか取れないのであった。


決勝戦は、罰ゲームみたいですけれど、
準決勝で敗退した郷田先生、渡辺竜王が解説に加わりました。
この渡辺竜王が加わった時の解説がまたよかった。
もともと行方先生の解説は幅広い指し手候補をとくとくと説明していく感じで、
広さ深さが半端なくすごいんですが
(で、時々ついていけないんだけどね…
それを渡辺竜王が「こうやってこうやって、これはあるかも、これは待った」と
テキパキ整理整頓していく感じで(さらに敗戦直後の超自虐的コメント付きで)解説に加わったのだから、
大盤解説会場は大盛り上がりでした。
(なんてったって、レディースの「アンチ渡辺竜王」派の方が、
「竜王面白かった、気に入っちゃった」と180度(いや140度くらいか)方向転換するくらい、です。)


決勝戦は、木村八段の勝利。
変な言い方だけど、こんなに怖い形でも勝つんだ、勝てるんだ、という印象の将棋でした。
木村八段の勝利に、会場のお客さんの拍手がものすごく自然にわきあがってきて、
皆がよかったよかったと言っているような温かさを感じたのは気のせいかな。
でも、本当に会場全体がそういう空気だったと思う。
本当によかったです。

木村八段、おめでとうございます。


午前午後と丸一日将棋だったのだけれど、
将棋も解説もとてもよくて
あぁ行ってよかったなぁ、というイベントでした。


来年も行けたらいいな、と思います。
「前年解説をした人が対局して優勝する」みたいなので
来年は大盤解説会ではなく対局場でみたいものです。


***

すこしだけ、気になったのは…。
ステージの上の棋士の立ち位置とか画面の切り替えなどは
事前に打ち合わせとか、途中でスタッフが指示するとか、
やった方がいいんじゃないかと思いました。


おわり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。