上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.07 4月
最近の将棋活動は「3月のライオン」の最新刊を買ったことぐらいで、
なんだか申し訳ないような。

今日はレディースセミナー午前の部に出席しました。

講師は藤森先生。
将棋自体が久しぶりだし、初めて教えていただくので緊張するかな、と思ったのですが、
なんとも屈託がないというか、明るく礼儀正しい先生で、
2局、楽しく指すことができました。
棋譜を取ろうかと思ったけれど、どんどん指したい気持ちが強く、結局取りませんでした。
ずっと指してないんだし、わからない時は考えても仕方ないから、
とりあえず何か指しとこう、っていうのが、今日の2局に関しては良い方向にいったような気がします。

今月はもう1回、出席できるかな。
楽しみです。
スポンサーサイト
2011.11.27 サイン
土曜日のレディースセミナーは真吾先生が担当。


先生の著書にサインしてもらいました。

よくわかる相振り飛車

真吾先生のサイン

ありがとうございました。

そしてC級2組への昇級、おめでとうございます。


本当は、講義や指導対局の様子などブログに書きたいのだけど
どうも疲れがとれなくて、なかなか棋譜の復習もできません。

たぶん、今は、休む時期なのだと。

将棋も、ゆっくり、やっていきます。

昨日はレディースセミナー午前の部に出席。
講師は和俊先生でした。

最初は指導対局。
私が「これでどうだ!」と渾身の力を込めて放った手は
先生に
「これが悪い手ですね。」
「この手が罪深いですね。」
「それはかなり危険ですね。」
と返される。
完全に空振り状態でした。

和俊先生の指導対局の時のコメントは
こうやってブログなんかで「活字」にしてしまうと
結構キビシイというかきつく見えてしまうんだけど、
実際は、盤面で起こっていた出来事を淡々と静かに回想している感じで、
感想戦ではいつも穏やかな空気が漂っている。

指導対局の後は、講義。
お題は「奇襲戦法」だった。
和俊先生のものすごく綺麗な字で書かれたプリント(2枚!)の風情は
丁寧にまとめられたレポートみたいで、
そこに書かれているのが「奇襲戦法」っていうのが
少しミスマッチな感じだったけれど
やはり講義も淡々と穏やかに「奇襲戦法」の狙いと対策が語られたのでありました。

今更、癒し、でもないんだけれど
なんだか、癒された。
伊藤四段、フリークラスからC級2組へ昇級

こんなに嬉しいことはないです。
よかった。
本当によかった。
真吾先生、おめでとうございます。
これからも頑張ってください。
土曜日はレディースセミナー、午後の部に出席。
講師は肇先生でした。
講義は平手の指し方。
そして今回は指導対局も平手を指導していただき
以前からずっと困っていたことの対処法をひとつ教えていただきました。
すごく簡単なことだったんだけど、あぁ、そういうことか、って
目から鱗、みたいな感じでした。
私が指すことができる戦法なんて限られていて、
先生からみたら何やってるんだろう、って感じなんだろうけれど
それに合わせて指してもらえて考え方とかを教えていただけてとても楽しかったです。

正直、私が同じくらいの棋力の人と指して、先生が教えてくださる展開にはならないのだけど、
でも、理想とする形とか考え方を教えていただけると
困った時にその教えは道標になる、と思います。
そして、私は今は平手を全く指していないので
久しぶりに全部の駒が揃っている状態で指すのも新鮮でした。

来週は女子アマ団体戦があって
レディースセミナーチームも出場します。
私も久しぶりに大会に参加します。
土曜日は、レディースセミナー午前・午後の部、両方に行ってきました。

午前の部のレディースの話題は、前日の「将棋日和」の話。
私は、抽選にハズレてしまったので参加できませんでしたが
参加した方々は楽しい時間を過ごせたとのことでした。

中でも、及川先生が出題した「ハート型」の詰将棋が話題で、なんか、手順前後もあるとかで
それぞれの駒の配置もただおいてあるだけじゃないそうで
皆でわいわいと解いていました。

今回の担当は肇先生。
講義は手筋の話だったのですが、そこで六枚落ちが取り上げられました。
私などは、もう、六枚落ち、定跡とか忘れてしまっています。
ま、端を攻めるんだな、というのは当然なのですが
何が早いか、ていうのは昔あまり意識していなかった気がするのです。
とにかく駒の利きを足して破ればいいみたいな。
昨日の講義では、同じような狙いでもこちらの方が手数がかからなくて早いとか
そういうことを改めて見せてもらって、
こういう無駄のない早い手をどれだけ指せるかっていうのを学んでいくのが駒落ちだな、と思ったのでした。


午後は、少し遅れて出席(お昼をゆっくり食べていたので)、天野先生の指導対局を受けました。
いつもどおり、ここがポイント、というところをはっきり指摘してくれる、指導でした。


一日、楽しかったです。
2011.09.17 懐かしかった
9月17日のレディースセミナーは斉木先生が担当。

斉木プリントのテーマは「玉は包み込むように寄せよ」だった。


玉は包み込むように寄せよ
将棋を習い始めた頃、私はこの手筋を知って、めちゃくちゃ感動したのだった。

懐かしかった。


懐かしむ、なんて、あはははは。

どうも最近感傷的でいかんな。



*本日配布された、2011年10月の遊遊&レディースの講師予定表です。


遊遊のブログもあるし、別にこのブログに予定表を掲載する必要なんて全くないんだけど、

「先生、間違えないでね」の気持ちを込めて。


10月1日 武市三郎六段 本田小百合女流二段 小泉祐三段  佐藤和俊五段
10月8日 高野秀行六段 中村真梨花女流二段 小池裕喜五段 斉木豊二段
10月15日 中座真七段  上田初美女王   小泉祐三段  伊藤真吾四段
10月22日 飯島栄治七段 鈴木環那女流初段 黒沢怜生三段 鈴木肇三段


変更になる場合もあるので、最新情報は遊遊&レディースのブログで確認してねん。

2011.06.12 よしとする
今日は、将棋会館道場で佐々木慎先生の指導対局を受けて
レディースセミナーで佐藤和俊先生の指導対局を受けて
自分でも思いがけずテンションが上がって
ここ最近で一番の、ハッピーな将棋デーだった。

棋譜が並び返せないことを除いては、ね。

・・・何やってんの、俺  

ま、パソコンの棋譜ソフトの調子も悪いので
よしとしよう。


土曜日はレディースセミナーに行ってきました。
将棋会館に早めに着いて午前の部に出席の方々と久しぶりにランチをご一緒しました。
ここの所、レディースセミナーのお仲間との「将棋トーク」はすっかりご無沙汰していて、
話していて、うわ~やっぱりこれがなくっちゃね、と思ったのでした。
楽しかったです。

午後のレディースは生徒2名と少なめ、
(レディースセミナーは天気がいい日は出席率が下がるような気がする)
真吾先生が寂しがって、というか
「もしかして午後は?最近は?いつもこんなに少ないんですか?」と心配していました。
(昨日はたまたまだと思うけど…)


講義は必至問題。難しいのだけれど、実は必至問題を考えるのは好き。
相手の受け方に思いも寄らない手が出てきたりするところが面白い。
先生の解説を聞いていて「あ~そんな手があるんだ~。」と感動する事が多いです。
講義の後は、指導対局。
生徒2名だし、早く指せば2局指導していただけるかも…と密かな期待を持って
棋譜も記録せずパパパッっと序盤を飛ばしたのだけど、終盤悩みに悩んで
結局1局しか指すことができませんでした。
そうそう、うまくはいきませんね。
かなり優勢な展開で進んでいたのだけれど、
ちょっとしたところで難しくしてしまったようでした。
最後に名人戦第5局の解説を聞いて終了でした。

今週は、iPad2をひたすらいじっている一週間でした。
でも、あまり将棋の事には使っていない。。。
お仕事50%、韓国語40%、将棋5%、その他5%くらいの使用率。
将棋で使ったのは、
柿木将棋と最弱レベルで平手を指したのと、将棋世界の電子版を購入したくらい。
次回あたりにはiPad2で棋譜入力を試してみようかな、と思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。